世界初公開のスバル新型「WRXスポーツワゴン」は2.4Lターボ搭載の爆速ワゴン!? 新型「WRX」との違いとは

スバルのオーストラリア法人は、新型「WRX」のステーションワゴン版となる新型「WRXスポーツワゴン」を2021年10月14日に公開しました。どんな位置づけのモデルになるのでしょうか。

2.4リッター水平対向ターボを搭載したスポーツワゴン

 スバルの北米法人は、2021年9月10日に新型「WRX」を世界初公開。スバルの最新スポーツセダンとして、その攻撃的なスタイリングも含め大いに話題を集めました。

 その後2021年10月14日に、新型WRXのステーションワゴン版となる新型「WRXスポーツワゴン」がオーストラリアで公開されました。いったい、どのような位置づけのモデルなのでしょうか。

スバル新型「WRXスポーツワゴン」(画像:スバル オーストラリア 公式YouTubeより)
スバル新型「WRXスポーツワゴン」(画像:スバル オーストラリア 公式YouTubeより)

 WRXは、スバルが世界ラリー選手権に参戦する目的で開発し、1992年に初代モデルが発売された「インプレッサWRX」をルーツにもつモデルです。

 2014年にインプレッサシリーズから独立し、2021年に公開されたモデルでWRXとしては2代目となります。

 そんななか、スバルのオーストラリア法人が公開した新型WRXスポーツワゴンは、日本で販売される2代目「レヴォーグ」のオーストラリア仕様に相当するモデルです。

 オーストラリアではレヴォーグの初代モデルが販売されていた実績があるので、現地ではフルモデルチェンジに伴ってレヴォーグからWRXスポーツワゴンへ車種名が変更されたことになります。

 ただし、新型WRXスポーツワゴンに搭載されるエンジンは高出力な2.4リッター水平対向ターボを採用。これは新型WRX(セダン)と共通するポイントとなります。

 組み合わされるトランスミッションは、新型WRXスポーツワゴンでは8速パドルシフト付きスバルパフォーマンストランスミッションを採用。

 シフトアップ時の変速スピードが約30%、シフトダウン時の変速スピードが約50%高速化しているほか、よりアグレッシブな変速ロジックの採用により、さらにスポーティな走りを実現したということです。

 なお、新型WRX(セダン)では8速パドルシフト付きスバルパフォーマンストランスミッションのほかに6速MTも設定されました。

 駆動方式は、新型WRXスポーツワゴン・新型WRX(セダン)どちらもシンメトリカルAWD(全輪駆動)が採用されています。

 スバルのオーストラリア法人は、新型WRXスポーツワゴン・新型WRX(セダン)の現地での販売開始時期について、2022年の第2四半期を予定しています。

 インプレッサWRX時代に、日本市場でも「インプレッサWRXスポーツワゴン」が存在しました。その後、ステーションワゴン版WRXの最新モデルがオーストラリアで披露されたかたちとなり、注目が集まっています。

 それではここでクイズです。

 かつて初代インプレッサWRXスポーツワゴンの派生車種として、最低地上高を上げてRV風に仕立てられたモデルが存在しました。そのクロスオーバーモデルのサブネームは、次のうちどれでしょうか。

【1】カサブランカ

【2】グラベルEX

【3】リミックス

【4】クロスオーバー

※ ※ ※

 正解は【2】の「グラベルEX」です。

 1995年に発売された「インプレッサ グラベルEX」は、専用サスペンションの採用で最低地上高が185mmまで高められたほか、フロントにグリルガード、リアゲートには背面スペアタイヤキャリアを備えるなど、クロスオーバーテイストに仕立てられたモデルとして登場しました。

 いまでいうSUV風モデルになるものの、搭載されるエンジンはインプレッサWRX譲りの2リッター水平対向ターボ(最高出力260馬力)で、高い動力性能も特徴だったということです。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

【画像】世界初公開されたスバル新型「WRXスポーツワゴン」がカッコいい! スポーティな外観を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 全幅が1800mmに収まってる分
    無塗装バンパーが余計なセダンより欲しい

  2. スバルらしいデザイン