マツダ新型SUVのグリル&シルエットを世界初公開!? 日本導入予定の新型「CX-60」「CX-80」とは

2021年10月7日にマツダは、2022年以降にグローバル市場で導入するクロスオーバーSUV「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」の存在を明らかにしました。同日には欧州マツダやオランダマツダが「CX-60」と「CX-80」に関する少し具体的な話も公表しています。

マツダ新型SUV「CX-60」「CX-80」のグリル&シルエットを世界初公開!

 マツダは、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を2021年10月7日に発表しました。
 
 今回、発表されたのはすべてSUVとなり、スモール商品群の「CX-50」、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」の全5車種です。
 
 そのなかで、同日に欧州マツダはベールがかけられたCX-60やフロントグリル&エンブレムの画像を公開しました。

欧州マツダが世界初公開した新型「CX60」「CX-80」のものと見られるエンブレム&グリルのデザイン
欧州マツダが世界初公開した新型「CX60」「CX-80」のものと見られるエンブレム&グリルのデザイン

 マツダは、グローバルに成長を続けるSUVセグメントにおいて、最新の環境性能と「走る歓び」を両立させた多様な選択肢をユーザーに提供するために前述の商品ラインナップを導入します。

 スモール商品群のCX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインナップの中核として導入するクロスオーバーSUVです。

 ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、「CX-5」やCX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデルに位置し、それぞれ異なるボディタイプと2列シート車と3列シート車を展開します。

 道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には、2列シート車のCX-60、3列シート車のCX-80を導入。

 一方、より大きなサイズや存在感が求められる北米などでは、ワイドボディ2列シート車のCX-70、3列シート車のCX-90を展開してきます。

 そんななか、欧州マツダは日本にも導入予定のベールがかけられたCX-60の画像とフロントグリル&エンブレムの画像を公開しました。

 公開されたフロント部分の画像を見る限り、既存のCX-5やCX-8よりもグリルが薄くなっていること、これまでのCXシリーズとは異なるメッシュパターンの採用、グリル上部にメッキ加飾を採用していることが分かり、この画像に関しては「MX-30」の可能性もあります。

 新型CX-60に関して、欧州マツダは「は、最新のスカイアクティブ技術を搭載した初のプラグインハイブリッドSUVとなる」と説明。さらに、マツダのオランダ法人では、次のように説明しています。

「この新型CX-60は、当初ガソリンエンジンと電気モーターを搭載したプラグインハイブリッドが設定されます。

 将来的には、48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載した6気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど、エンジンレンジをさらに拡大していく予定です。

 CX-60はCX-5よりも大きく、大人5人が乗れるスペースを確保しています」

※ ※ ※

 また、CX-80に関してオランダ法人は「大人7人が乗れるスペースを備えており、CX-60と同様に、6気筒のガソリンおよびディーゼルエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載したプラグインハイブリッドが用意されます」と説明しています。

 CX-60とCX-80は日本にも導入予定ですが、明確な導入時期は現時点で明らかになっていません。

 グローバル全体として今回の5車種は2022年以降に登場予定となるため、マツダの動きには今後大きな注目が集まりそうです。

マツダ・CX-5 のカタログ情報を見る

【画像】マツダが公開した新型「CX-60」のシルエットやグリルを見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. シルエット見る限りドアミラーレスになるのかな?

  2. 世界名統一か知らんけどにもう数字の車名は止めて欲しい

  3. すみません。
    こちらの画像は4年前からマツダの公式サイトにアップされています。

    https://www.mazda-press.com/es/news/2017/mazda-duplica-su-resultado-comercial-en-automobile-barcelona-con-casi-240-unidades-vendidas/

    よってCX60のフロントグリルではないと思われます。