トヨタ爆速セダン「カローラ」登場! ド迫力ウイング&シャコタン装着! 過激カスタムイメージがスゴい!

米国でも人気の高いトヨタ「カローラ」。なかでもセダンには一定の需要がありますが、SNSではカローラセダンをカスタマイズしたレンダリングイメージが公開されています。

めちゃ速そう! カローラセダンの爆速仕様?

 トヨタを代表するモデルとして長い歴史を持つ「カローラシリーズ」。

 現行モデルは12代目となり、グローバルにおいてセダン/ワゴン/ハッチバック/SUVとさまざまなボディタイプを展開しています。

 そうしたなかで、SNSではカローラセダンを過激にカスタマイズしたレンダリングイメージが公開されています。

これが「カローラ」なの? 爆速仕様のスゴいセダン!(photo:bradbuilds)
これが「カローラ」なの? 爆速仕様のスゴいセダン!(photo:bradbuilds)

 1966年の誕生以来、カローラシリーズはユーザーや時代のニーズを超える「プラスα」の思想を基に、常に進化と挑戦を重ねてきたモデルです。

 現在では、世界150以上の国・地域で販売され、2021年7月には5000万台のグローバル累計販売台数を達成しました。

 現行モデルは、TNGAプラットフォームの採用により低重心なシルエットを実現。張り出した前後フェンダーがダイナミックなデザインとなったことでワイドなスタンスを強調。

 フロントは、大型台形ロアグリルとメッシュグリルによって力強くスポーティなデザインを表現。さらに、フロントはラウンドを強めた一文字形状とすることで、スポーティでワイドな顔つきになっています。

 今回のカスタマイズ仕様のベースは北米仕様のカローラセダンとなり、3Dアート/レンダリングやカーメカニックを手掛ける米国・ロサンゼルス在住の男性が運営する「Brad Builds」にて、お披露目されています。

 フロントは、ベース車と大きく異なりヘッドライト、グリル形状、エンブレム位置が独自のものになっているほか、フロントリップスポイラーを装着。

 サイドは、大きくハミ出した大径タイヤを覆うように前後のフェンダーを採用。またフロントリップと同素材でサイドスカートも付いています。
 
 リアでまず目を惹くのが大型のGTウイングで、トランク背面からステイが後方に伸びたことで後続車への存在感は抜群です。

 また、リアフェンダーに合わせるようにリアバンパー左右も張り出すことでワイドなスタンスはより強調されています。

 さらに、左右2本出しの大径マフラーもスポーティさを増しているようです。

 今回のカローラカスタマイズ仕様について投稿者は次のようにコメントしいています。

「この作品は、2019年秋ころに作ったものです。別で制作したカローラハッチバックと同じキットを使用していますが、ほかにもいくつかの変更を加えています。

 私的には、セダンのフロントが好きで、ハッチバックのリアが好きです。今後、マッシュアップしたのもありかもしれません」 

【Thanks Photo】
https://www.instagram.com/bradbuilds/

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】めちゃ速そうなド派手「アバロン」&「TRDカムリ」のスゴい仕様を見る!(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 「カスタムCAR」に載っていそうなテイストだなあ。サス、動くんか。なんか、「道読み」しながら左右にひくひくしながら走って、コンビニへは思いっきり斜めになって入る感じ。すごいと言えば、すごいな。

  2. すごいな
    車高がルンバ並み
    エアサスかなんかだろうけど、もし付いてなかったら大笑いできそう。
    イヤな音したら二度見どころかガン見するよ

    別にルンバがシャコタンでかっこいいとか思ったことないけど、シャコタン好きにはたまらなくかっこよく見えるのかも知れないなと気付かせて貰った。
    ルンバリスペクトカーのシリーズ組んで欲しいね。

  3. グリル・ライト周りは別の海外仕様(欧州・南米向け)。
    ちゃんと確認しましょう。トヨタの広報に載ってるよ。
    これだけ改造したものなら中身のはなしはしなかったの?
    このシリーズはガワのみに注意してて何も中身のことがない。
    エンジンとかサスとか普通聞きませんか?
    投稿者もきっとそういう話を期待してると思いますよ?
    何にも考えてなければそう書けばいい話。
    あとほかのサイトの表示のされ方は多少考慮すべきでは?
    ヤフーで見たらただアバロンとカローラの区別もつかないのか
    としか思えないような内容だったね。