日産が新型セダン「e-POWERシルフィ」をお披露目! 日産新ロゴ採用で顔つき刷新 どんな電動セダンを中国投入する?

2021年9月29日、日産が中国市場向けモデルの新型「e-POWERシルフィ」を初公開しました。ボディに擬装のない仕様の画像も公開されましたが、デザインはどんな特徴があるのでしょうか。

日産の新ロゴも採用! より洗練した印象に

 日産は、中国市場向けセダンの新型「e-POWERシルフィ」を2021年9月29日に初公開しました。ボディにカモフラージュが施された仕様に加え、ボディに擬装のない仕様の新型e-POWERシルフィも同日に公開。従来のガソリン仕様とは、どんな違いがあるのでしょうか。

日産新型「e-POWERシルフィ」
日産新型「e-POWERシルフィ」

 e-POWERは、日産が国内向けの2代目「ノート」から搭載を開始した電動パワートレインです。エンジンは発電機として用いられ、発電された電力でモーターを駆動して走行するシリーズ方式のハイブリッドシステムとなっています。

 そして新型e-POWERシルフィは、中国市場で初めて投入されるe-POWER搭載車となります。

 300Nmの高トルクと、100キロメートルあたり燃料消費が3.9リットルという低燃費を両立。5つのドライビングモードを用意し、走行シーンや走行環境にあわせて最適な走行性能を提供します。

 今回公開された新型e-POWERシルフィは、中国市場で2021年現在販売されているガソリン仕様のシルフィと外観も一部差別化されています。

 なかでもボディ前後のエンブレムが、電動SUV「アリア」から採用がはじまった日産の新ロゴになっている点は大きなトピックです。

 また、日産の共通フロントデザイン「Vモーショングリル」もマイナーチェンジされ、縦のメッキ部分の中央に黒のラインが追加されてより洗練された印象となりました。

※ ※ ※

 新型e-POWERシルフィは、中国市場で2025年までに投入される全6モデルのe-POWER搭載車のうち、第一弾に位置づけられるクルマとなります。

日産・シルフィ のカタログ情報を見る

【画像】新ロゴ採用で爆イケ顔に刷新! 日産新型「e-POWERシルフィ」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ろくにモデルチェンジしてない放置状態のフーガシーマを未だに両方抱えるより
    FRセダンはスカイラインに一本化するか片方に取捨択一して日本でこれを導入した方がいい