もうカスタム? トヨタ新型「カローラクロス」が激変! 日本とタイで異なるモデリスタパーツの特徴とは

2021年9月14日に発売されたトヨタ新型「カローラクロス」は、同日からモデリスタパーツも販売されています。一方で先行してタイ仕様にもモデリスタパーツが存在しますが、どのような違いがあるのでしょうか。

タイで新型カローラクロスのモデリスタ仕様が登場!

 日本で発売されたばかりのトヨタ新型「カローラクロス」ですが、先行してタイでは2020年7月から発売されています。
 
 そのタイ仕様に250台限定で特別仕様車「カローラクロス モデリスタ」が設定されましたが、日本のモデリスタパーツとは、どのような違いがあるのでしょうか。

トヨタ「カローラクロス」のモデリスタカスタマイズ。左がタイ仕様、右が日本仕様となる!
トヨタ「カローラクロス」のモデリスタカスタマイズ。左がタイ仕様、右が日本仕様となる!

 カローラクロスがタイ市場に投入されてから約1年が経っていますが、累計販売台数は2万2250台を突破するなど同市場で人気のSUVに成長しているといいます。

 タイ仕様のカローラクロスは、全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mmとなり、パワートレインは1.8リッターエンジンを搭載するガソリン車と、モーターを組み合わせたハイブリッド車の2種類をラインナップ。

 そうしたなかで、2021年9月6日にタイ市場ではカローラクロス モデリスタが発表され、ハイブリッド車のみに設定されています。

 カスタマイズ部分は、タイ仕様をベースに「フロントスポイラー」「サイドスポイラー」「リアスポイラー」「18インチアルミホイール」を装着することで、標準車とは異なる世界観を演出。

 デザインのコンセプトは、「Advanced Sporty Style」としていますが、このSportyは、レーシングを意味するSportsではなく、スタイリッシュを意味するSportyだといいます。

 フロントスポイラーは、モデリスタのデザインアイコンである「フローティングブレードデザイン」を採用し、ワイド感を強調しつつも、先進的かつ都会的でスタイリッシュなデザインを目指しました。

 タイ仕様のモデリスタパーツについて、同ブランドを展開するTCD ASIAの担当者は次のように話しています。

「標準車との代わり映えと低重心感を実現するためには、ボリューム感のあるエアロパーツが必要です。

 しかし、それだけでは重々しい古典的な印象になってしまうため、シルバーアクセントでのスピード感、ブラックアウト面積の比率、複雑なキャラクターラインなどによって、軽快でスタイリッシュに見える工夫を施しています。

 また、ハイブリッド車のみにモデリスタが設定される背景として、モデリスタの都会的、先進的なブランドイメージから、今回はあえてハイブリッド車専用として発売を開始しております。

 今後はタイ国内のご要望をリサーチし、検討を進めます」

※ ※ ※

 これまで、モデリスタブランドは基本的には日本市場がメインでしたが、タイでモデリスタブランドを展開する際にはどのような懸念点があったのでしょうか。前出の担当者は次のように話しています。 

「モデリスタブランドは、日本で生まれたブランドです。現地のニーズに合わせたデザインに変化させることも重要だと考えておりますが、今回は、“日本のモデリスタデザインを踏襲”して、タイ国内でリリースさせていただきました。

 今回のデザインコンセプトを『タイ国内のお客さまにも受け入れてもらえるのか?』、『日本のモデリスタデザインがアジアでも評価いただけるのか?』など、我々も期待を込めて、今回の商品をタイ国内へリリースいたしました」

【画像】どちらが好み? 個性際立つカローラクロスのカスタマイズ! 日本とタイを写真で比較!(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント