最高速度は316km/h! メルセデスAMG初のPHEV「GT63S Eパフォーマンス」世界初公開

独メルセデスAMGは2021年9月1日、ブランド初となる高性能プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「AMG GT63S E PERFORMANCE(AMG GT63S Eパフォーマンス)」を世界初公開しました。

システム総合で843馬力、1400Nm以上のスーパーカー

 独メルセデスAMGは2021年9月1日、ブランド初となる高性能プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「AMG GT63S E PERFORMANCE(AMG GT63 S Eパフォーマンス)」を世界初公開しました。

メルセデスAMG「GT63 S Eパフォーマンス」の走り
メルセデスAMG「GT63 S Eパフォーマンス」の走り

 Eパフォーマンスモデルは、メルセデスAMGの電動化モデルとして今後展開される予定で、今回登場したGT63S Eパフォーマンスはその第1弾モデルとして登場しました。

 搭載されるパワートレインは、AMG63シリーズと同じ4リッターV型8気筒ビターボ(ツインターボ)エンジンを搭載。最高出力639馬力・最大トルク900Nmを発生します。このエンジンに150kW(204馬力)・320Nmを発生するモーターを組み合わせ、システム最高出力は843馬力、システム最大トルクは1400Nm以上という怒涛のパワー/トルクとなります。

 その結果、0-100km/h加速は2.9秒、0−200km/h加速は10秒以下、最高速度は316km/hというパフォーマンスを発揮します。

 電気モーターはリアアクスルに配置され、電動シフト式2速ギアボックス、電子制御LEDと一体化して、コンパクトな電気ドライブユニット(EDU)を構成します。また軽量で高性能なバッテリーはリアアクスルの上に配置されています。

 モーターはリアアクスルに直接作用するため、そのパワーをより直接的に推進力に使うことができ、発進・加速・追い越し時に優れた力を発揮します。モーターのパワーはフルトルクで発揮されるため、とくにスタート時にその進化を発揮します。

 高性能バッテリーは6.1kWhの容量。充電は3.7kWのオンボードAC充電器を使います。EV走行可能距離は12kmですが、たとえば住宅地から出発する際など、静かでエミッションフリーな走行を可能にする実用的な使い方が可能です。

 基本的には、メルセデスAMGペトロナスのF1レーシングカーのハイブリッド・パワーパックの考え方を元にしています。ドライバーが必要とするときには、最大の推進力がいつでも利用可能で、たとえばコーナー出口での加速や追い越しの際には、高い回生性能とオンデマンド充電により、電気によるエネルギーをいつでも使うことが可能です。

【画像】メルセデスAMG初のPHEV「GT63 S Eパフォーマンス」をチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント