顔つき刷新! ホンダ新型「アメイズ」発表! 全長4m切りセダンがイケメンに進化

ホンダのインド法人は、2021年8月18日に小型セダン「アメイズ」の改良モデルをオンライン発表しました。フェイスリフトした新型アメイズは、どんな小型セダンなのでしょうか。

小型セダン「アメイズ」が新顔で登場!

 ホンダのインド法人(ホンダカーズインディア・リミテッド)は、2021年8月18日に小型セダン「アメイズ」の改良モデルをオンラインで発表しました。日本では見られない小型セダンですが、改良を受けた新型アメイズはどんな特徴があるのでしょうか。

ホンダ新型「アメイズ」
ホンダ新型「アメイズ」

 アメイズは、現行モデルがデリーオートエキスポ2018で世界初公開された小型セダンで、1.2リッター直列4気筒エンジン(ガソリンもしくはディーゼル)を搭載。トランスミッションは5速MTとCVTのいずれかが組み合わされます。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1498-1501mmで、420リッターのトランクスペースを確保しました。

 今回発表された新型アメイズは、フロントグリルのデザインを刷新したほか、新デザインのLEDヘッドライト、同じく新デザインのC字型に光るテールランプ、クロームパーツのドアハンドルなどを装備。

 グリル部は細いラインが2本追加されたメッキ基調のデザインが特徴で、ワンランク上の存在感を放ちます。

 また、内装はダッシュボードやステアリングホイールに新たにサテンシルバーガーニッシュを配したことで、エレガントな雰囲気としています。

 グレードは「E」、「S」、「VX」の3グレード展開で、前述の各装備はグレードによって異なります。なおベースグレードの「E」のみ、CVTの設定がありません。

 新型アメイズの価格は、63万2000ルピーから92万6000ルピー(日本円換算で約93万円から約137万円)の設定です。なお、新型アメイズはインドにおけるホンダ車のラインナップでエントリーモデルに位置づけられます。

【画像】顔つき刷新でイケメンセダンに進化!? ホンダ新型「アメイズ」を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. カッコいい!
    日本での販売予定があれば、お知らせ下さい。
    日本でのセダンは超高級車しか残っていません。我々の世代は車と言えばセダンです。