ホンダ新型「インテグラ」日本導入の可能性はある? 北米アキュラで復活させる事情とは

2021年8月13日に、ホンダが海外で展開するアキュラが「インテグラ」を復活させることを発表しました。北米市場では2022年に投入されることになりますが、日本でホンダブランドから新型インテグラが登場することはあるのでしょうか。

インテグラ復活! 日本での発売はどうなる?

 あの「インテグラ」が帰ってきます。

「レジェンド(伝説)・リターンズ」と銘打ち、ホンダが海外で展開するアキュラが2022年に新型インテグラを北米市場に導入すると2021年8月13日にオンラインで発表しました。

 本来、2021年8月に開催予定だったニューヨークショーで公表する予定だったのでしょう。同モーターショーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、直前になって中止が決定しています。

2022年に復活が宣言されたアキュラ新型「インテグラ」
2022年に復活が宣言されたアキュラ新型「インテグラ」

 今回の発表を受けて、日本の自動車メディアやSNS上でインテグラ復活を喜ぶ声はあるものの、現時点でホンダとしては日本向けに発売するかどうかを明言していません。

 なぜならば、新型インテグラの日本発売の可能性は極めて低いと考えられるからです。

 最大の理由は、アメリカにおけるアキュラブランドと、日本におけるホンダブランドの在り方の違いです。

 アキュラは1986年に北米で誕生。同年、「レジェンド」とインテグラが北米市場に投入されました。

 ホンダやアキュラ関係者がいつも口にしていたのは「アキュラは単なる上級ブランドではなく、スポーティ性を重視するブランドを目指す」というものでした。

 そのためインテグラの価格帯は、ホンダブランドの「シビック」と“ほぼ同等”という設定としたのです。

 本来、アメリカでのホンダブランドは、1970年代のCVCCシビック以来、庶民派ながら知的で先進的というブランドイメージです。

 一方で、アメリカではF1の認知度が低いことなどから、ホンダのスポーティなイメージが日本に比べて弱いという一面あり、アキュラはホンダに比べて「少しスポーティで上質」というブランドを目指して誕生したという経緯があります。

 アキュラの成功を見たトヨタと日産は、それぞれレクサスとインフィニティという新ブランドを相次いで立ち上げることになります。

 レクサスとインフィニティは、アキュラと比べると、メルセデス・ベンツやBMWなど欧州高級車に近いブランドイメージを最初から想定していました。言い方を変えると、それがアキュラに対する差別化でした。

 ところが、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、アメリカを震源地としたグローバルでのSUVシフトが始まり、アキュラもレクサスやインフィニティのような高級ブランド化が進んでいきます。

 そうしたなかで、インテグラはアキュラ「RSX」という3ドアクーペ専用車に移行し、価格はホンダブランドに近い設定を維持していました。ある意味で、インテグラ(RSX)は、ユーザーにとってホンダとアキュラとの橋渡し役のような存在でした。

 その後、中国市場の拡大などもあり、ホンダブランドに対するアキュラブランドの上級化が明確になるにつれ、インテグラ(RSX)の必要性がなくなってしまったといえます。

【画像】新型インテグラの一部デザインを先行公開! 歴代モデルとの違いは?(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント