日本にもやって来る!? ルノーのクーペSUV 新型「アルカナ」右ハンドル車が英国で登場!

英ルノーは2021年7月27日、ルノーのクーペSUV新型「アルカナ」を英国国内で発売しました。

ルノー初の5ドア・スタイリッシュクーペSUV

 英ルノーは2021年7月27日、ルノーのクーペSUV、新型「ARKANA(アルカナ)」を英国国内で発売しました。

ルノーのクーペSUV、新型「アルカナ」
ルノーのクーペSUV、新型「アルカナ」

 新型アルカナは、全長4568mm×全幅1821mm×全高1571mm、ホイールベースは2720mmというボディサイズの、ルノー初となる5ドア・クーペSUVで、2019年夏にロシア市場で登場したモデルです。フランス本国では3月10日から発売されましたが、今回イギリスで右ハンドル仕様が発売されました。

 イギリス国内では「E-Tech ハイブリッド145オート」と呼ばれるハイブリッドモデル、および「TCe140」と呼ばれる12Vマイルドハイブリッドの2車種を用意、ルノー初のハイブリッド専用モデルとなります。

 フルハイブリッドのE-TECH技術はすでに「クリオ(日本名ルーテシア)E-TECHハイブリッド」に搭載されており、1.6リッター直列4気筒直噴エンジンとモーターを組み合わせます。トータル出力は145馬力・最大トルクはエンジンで148Nm、モーターで250Nmを発生。最高速度は172km/h、0−62mph(約99.7km/h)加速は10.8秒というパフォーマンスを誇ります。

 一方のマイルドハイブリッドTCe140は140馬力・260Nmを発生する1.3リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは7速DCTが組み合わされます。最高速度は205km/h、0−62mph加速は9.8秒です。

 装備ラインとして、よりスポーティな「R.S.ライン」も設定されます。これはエレガントさとスポーティさを兼ね備えたデザイントリムで、エアロパーツを装備。インテリアも、カーボン仕上げのダッシュボードやドアの内張り、ダッシュボード上部を走る赤いステッチのレザーステアリングホイール、レザーとスエードの混紡仕上げの内装とドアパネルを装飾し、シートベルトの色にはレッドのストライプがアクセントを添えています。

 新型アルカナのイギリスでの車両価格は、TCe140EDCが2万438ポンド(20%の付加価値税込、日本円で約371万円)から、E-Techハイブリッド145オートが2万5430ポンド(約390万円)からとなっています。

ルノー新型「アルカナ」のインパネ
ルノー新型「アルカナ」のインパネ

※ ※ ※

 新型アルカナは、ルノー・日産・三菱アライアンスの「CMF-B」モジュラープラットフォームを採用したクーペSUVです。

 このCMF-Bプラットフォームはルノー「クリオ(日本名ルーテシア)」や「キャプチャー」、日産「ジューク」(現行モデルで日本未発売)や「マイクラ」(海外専用モデル)にも採用されています。

 兄弟車として、ルノー・サムスン「XM3」というモデルがありますが、新型アルカナもXM3と同様、韓国にあるルノー・サムスンの釜山工場でも生産されるといいます。

 ルノーのSUVラインナップとしては、全長4135mmの「キャプチャー」、および全長4450mmの「カジャー」、全長4673mmの「コレオス」(ともに日本での販売は終了)がありますが、新型アルカナも今後グローバルに展開していくといいます。

 アルカナは、今後日本で登場するのでしょうか。ルノー・ジャポンに聞くと「具体的なスケジュールはありませんが、日本導入の可能性はあります」とのことです。

 全長4568mm、全高も1571mmと、日本の道路事情でも使いやすそうな新型アルカナ。今回、イギリスにおいて右ハンドル車が登場したことにより、日本導入へのハードルは下がったともいえるでしょう。

 スタイリッシュなクーペSUVですので、日本に導入されれば人気になりそうな1台です。

【画像】超クール! 右ハンドルのクーペSUVルノー新型「アルカナ」を画像でチェック(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント