VW新型「ゴルフ ヴァリアント」日本上陸! 8年ぶりの全面改良で全車マイルドハイブリッド化

フォルクスワーゲングループジャパンは2021年7月28日、新型「ゴルフ ヴァリアント」を発売しました。

約8年ぶりのフルモデルチェンジ

 フォルクスワーゲングループジャパンは2021年7月28日、新型「ゴルフ ヴァリアント」をフルモデルチェンジし、発売しました。

VW新型「ゴルフ ヴァリアント」(欧州仕様)の走り
VW新型「ゴルフ ヴァリアント」(欧州仕様)の走り

 約8年ぶりとなるフルモデルチェンジで進化したゴルフ ヴァリアントは、全長4640mm×全幅1790mm×全高1485mm、ホイールベースは2620mmというボディサイズです。これは先代と比較し全長は65mm、ホイールベースは35mmそれぞれ延長されています。

 その結果、通常時の荷室容量は611リッター、リアシートを折りたたむと最大荷室容量は1642リッターと、クラストップレベルの積載量を誇ります。最大荷室容量は先代よりも22リッター拡大しています。またリアシートのレッグスペースも広くなっています。

 同年6月に日本上陸を果たしたハッチバックモデルの8世代目新型「ゴルフ」と比較すると、全長はゴルフ ヴァリアントのほうが345mm長いのが特徴です。

 今回の新型ゴルフ ヴァリアントは新型ゴルフ同様、「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタンスシステム」において大幅な進化を遂げています。

 エクステリアは、フロント及び側面のBピラーまでは新型ゴルフと同じ、象徴的なデザインエレメントを採用しています。フロントデザインはさらにスリムになったラジエーターグリルとなり、従来のライトに代わり全モデルにLEDテクノロジーが採用されています。

 Bピラーからリアエンドにかけてはオリジナルのデザインで、力強いショルダーセクションやわずかに上昇した後リアに向かって下降する長いルーフセクション、クーペのように傾斜したリアウインドウなどがスポーティな印象になります。

 インテリアでは、10インチディスプレイを備えた標準デジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を全グレードで標準装備。また通信モジュールを内蔵するVW純正インフォテイメントシステム「レディ2ディスカバー」やETC2.0車載器も全グレード標準となります。

 さらにオンライン機能「We Connect」(10年間無償)および「We Connect Plus」(3年間無償)も標準装備しています。

 新型ゴルフ ヴァリアントのパワートレインは新型ゴルフと同様の2種類。ともにガソリンエンジンで、すべて48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載します。

「eTSI」はベルト駆動式スターター、48Vリチウムイオンバッテリー、そして最新世代の効率的なTSIエンジン(ガソリンターボ)から構成され、最高出力110ps・最大トルク200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボ「1.0eTSI」、および150ps・250Nmの1.5リッター直列4気筒ターボ「1.5eTSI」に、9.4kW(13ps)・62Nmの電動機を組み合わせるものです。

 組み合わされるトランスミッションは7速DSG(DCT)で、駆動方式はFFです。

 運転支援システムも充実しています。クラスを超えたハイレベルなドライバーアシスタンスシステムを数多く標準装備しているのが特徴で、たとえば初採用の同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」は、車速域0km/hから210km/hで作動させることが可能で、静電容量式センサーを採用したステアリングホイールを軽く握っているだけで、前走車との車間および走行レーンの中央維持をサポートする機能で、とくに高速道路での長距離移動において安全性の向上、および疲労軽減に寄与します。

 その他、緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト」や降車時警告機能「エグジットウォーニング」などの初採用の運転支援システムも全車標準装備としています。

 また、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載された片側22個のLEDを個別に点灯・消灯の制御をすることで最適な配光を可能とした最新のヘッドライトシステム、LEDマトリックスヘッドライト「IQ.ライト」もオプション設定(テクノロジーパッケージ:23万1000円、消費税込)可能です。

VW新型「ゴルフ ヴァリアント」のインテリア
VW新型「ゴルフ ヴァリアント」のインテリア

 グレードは4種類。従来は「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」というグレードでしたが、新たに「Active Basic(アクティブ ベーシック)」「Active(アクティブ)」「Style(スタイル)」「R-Line(Rライン)」と呼ばれるグレードを導入しています。

 新型ゴルフ ヴァリアントの車両価格は、1.0リッターeTSIを搭載する「ゴルフeTSI アクティブ ベーシック」が305万6000円(消費税込、以下同)、同エンジン搭載の「ゴルフeTSI ベーシック」が326万5000円、1.5リッターeTSIを搭載する「ゴルフeTSI スタイル」が384万6000円、同エンジン搭載の「ゴルフeTSI Rライン」が389万5000円です。

※ ※ ※

 ゴルフ ヴァリアントは1992年の登場以来、これまで累計約300万台以上が販売された「ゴルフ」ベースのステーションワゴンです。3代目ゴルフIIIの時代に初代ゴルフ ヴァリアントが登場、今回登場した新型で6世代を数えます。

 生産はドイツのウォルフスブルグ工場でおこなわれます。

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント のカタログ情報を見る

【画像】広い荷室の趣味グルマ! VW新型「ゴルフヴァリアント」を画像でチェック(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント