小さな高級車に需要はある? トヨタ・ホンダ・日産で相次ぐ「上質」重視! 小型車市場の変化とは

新たに登場した小さな高級車! 日産「オーラ」その概要は?

 そんなフィットリュクスと近い立ち位置であるといえるのが、日産から「ノート」の上級モデルとして2021年6月15日に発表された新型「ノートオーラ」(以下オーラ)です。

 キャッチコピーは「それは、上質をまとったコンパクト」と、これまでのコンパクトカーを超えたモデルといえます。

 オーラのボディサイズは、全長4045mm×全幅1735mm×全高1525mmとなっており、ベースのノートとほぼ同等で車幅が若干広くなった程度です。

 駆動方式は2WDと4WDの2種類から選ぶことができ、搭載されるパワートレインは1.2リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車(e-POWER)のみとなっています。

 ただし、新型オーラではe-POWERシステムに専用チューニングを施し、よりパワフルな走行性能を可能とすることで、ノートの最高出力85kW/最大トルク280Nmに比べて、新型オーラは最高出力100kW/最大トルク300Nmとパワーアップ。

 これにより、アクセルを踏んだ瞬間からスムーズかつ力強い加速でひとクラス上の走り実現し、高速道路での加速や追い越しもゆとりをもった走行フィールが体感可能です。

まさに小さな高級車の新型「オーラ」(手前)。ベースの「ノート」(奥)とは随所に違いが存在
まさに小さな高級車の新型「オーラ」(手前)。ベースの「ノート」(奥)とは随所に違いが存在

 外観こそ、ノートとの区別は付きづらいものの、内装はまさに小さな高級車といえます。

 内装は、肌で感じられる心地よさが広がる快適な室内空間をテーマに「レザーエディション(ブラック/エアリーグレー)」とブラックの3種類をラインナップ。

 随所に木目調フィニッシャーやツイード調織物(ステッチ付)を多用することで高級感のある空間を演出しているほか、本革ステアリングを採用しています。

 ドライバーには「アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチカラーディスプレイ)」が採用されることで、目線移動を少なく必要な情報を確認することが可能です。

 居住性では、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計した「ゼログラビティシート」を全席に採用。後席にはリクライニング機構を設定することで快適に移動が出来ます。

 また、オーディオにはBOSEと日産の共同開発により誕生した、コンパクトカー唯一の「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」が採用され、運転席と助手席シートにスピーカーが設置されています。

 ノートとオーラでは、どのような部分が異なるのでしょうか。日産は次のように説明します。

「ノートは、ほかのコンパクトカーや、軽自動車から乗り換えるアップサイザー層をターゲットとしています。

 一方で、オーラはこれまで大きなクルマに乗っていた人などが小さなクルマに乗り換えるダウンサイザーをターゲットとしています。

 そのため、これまでのコンパクトカーとは異なる『つくり込んだきめ細かさ』や『上質な素材の肌触り』、『空間の心地よさ』、といった感性品質にこだわりつつ、『美しさ』と『考え抜かれた機能性』を両立されました」

※ ※ ※

 このように、アクア、フィットリュクス、ノートオーラはそれぞれメーカーを代表するコンパクトカーです。

 そんな3台が揃ってコンパクトカーの印象を刷新する小さな高級車路線に進むということは、ユーザーのニーズがボディサイズに縛られない「高級感・上質感」という部分に価値を見出しているからなのかもしれません。

【画像】小型車にも高級志向到来? アクア・オーラ・リュクスの内外装を写真で比較する!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ノートE-Power4Wにしましたが、なかなかの優れものですね。特に、自動安全運転装置、乗り心地、燃費、コンパクトカーの進化にびっくり。以前、某ドイツ車に乗っていましたが、全然ノートの方がいい。本当はEVをねらってるんですが、充電機器デヴァイスと時間の問題があり必要で乗る分には実用性に問題ありかな?次はEVだな。

  2. マツダ ベリーサ…