ラリー界の伝説「ランチア デルタ」が、今でも真のクルマ好きにオススメの理由【中古車至難】

本来ネオクラシックと呼ばれる20年から30年前のクルマというのは、半世紀以上経ったクラッシックカーと比較すると、歴史的価値では勝る部分が少ないのが常例だ。しかしラリーの名門ランチアが1980年代に世に放った「デルタ」は違う。ほかのネオクラ車と比べてもその価値は高く、ホットハッチの歴史において伝説になっている。今回はそんな「デルタ」が名車であるワケを解説、そしてその選ぶべきモデルも紹介したい。

登場以降、常にラリー界をかき乱していた亡者

 パガーニなどのハイパーカーは話が別だが、お金さえ出せば誰でも買えるのが新車のハイパフォーマンスカー。そういったクルマに乗るのも、もちろん素敵ではある。

 だがオーナーの見識とセンスが問われるちょっと古いクルマ=ネオクラシックをあえて選ぶほうが、もしかしたら「より素敵」なのかもしれない。

 また単純に、世界的にも人気が高いネオクラシックモデルは「購入後もほとんど値落ちしない。むしろ値上がりするケースすらある」というのが昨今のマーケットトレンドゆえ、それらは「数年で大きく値落ちする新車より資産価値が高い」ともいえるはず。

 そう考えた場合にぜひ注目したいネオクラシックのひとつが、イタリアのランチアが1995年まで製造していた初代ランチア「デルタ」。そのなかでも、最終世代の「HFインテグラーレ エボルツィオーネII」またはその派生限定車だ。

 1979年に発売された初代デルタは、もともとは1975年登場の初代フォルクスワーゲン初代「ゴルフ」の対抗馬として開発された、ごく普通の(強いていえばやや高級な)実用FFハッチバックだった。トピックといえば、工業デザイン界の巨匠であるジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当した──ということぐらいだろうか。

ランチア「デルタ」は1979年に登場、後に”高い性能(High Fidelity)”を意味するHFというモデルをラインナップした。種類は全部で6つ。「HFターボ」、「HF 4WD」、「HF インテグラーレ」、「HF インテグラーレ 16V」、「HFインテグラーレ エボルツィオーネ」、「HFインテグラーレ エボルツィオーネII」となる(C)Stellantis N.V.
ランチア「デルタ」は1979年に登場、後に”高い性能(High Fidelity)”を意味するHFというモデルをラインナップした。種類は全部で6つ。「HFターボ」、「HF 4WD」、「HF インテグラーレ」、「HF インテグラーレ 16V」、「HFインテグラーレ エボルツィオーネ」、「HFインテグラーレ エボルツィオーネII」となる(C)Stellantis N.V.

 そんな実用車デルタの運命を変えたのはWRC(世界ラリー選手権)だった。

 1985年にグループB規定でWRCに投入された「デルタS4」は、車名がデルタというだけで、市販版のランチアデルタとは何の関係もないクルマ。

 だが1987年からWRCがグループA規定、つまりより市販車に近いスペックで戦う規定の採用が決定すると、ランチアは実用FFハッチバックのデルタに「デルタHF 4WD」という2リッターターボ+フルタイム4WD版を追加。これのグループAカーでもってWRCを戦うことを決めたのだ。

 そして1987年シーズンを13戦9勝という圧倒的な戦績で終えたランチアは、翌1988年シーズン途中から「デルタHFインテグラーレ」という、HF 4WDに大幅な改造を加えたモデルを投入。4WDシステムとサスペンション、ブレーキ、ギヤ比などといった細かな改良のほか、よりワイドなホイールを収めることができるブリスターフェンダーを採用したデルタHFインテグラーレは、1988年シーズンも制した。

 翌1989年はさらにバージョンアップされた「デルタHFインテグラーレ16V」がこれまた年間チャンピオンとなり、3年連続でメイクスとドライバーズのダブルタイトルを防衛。そして、視覚的にはよりド派手な「HFインテグラーレ16Vエボルツィオーネ」が登場した1992年まで、メイクスタイトル6連覇という前人未到の偉業を成し遂げたのだ。

【画像】語り継がれる伝説「ランチア デルタ」を見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント