黒すぎ三菱SUVミニバン発売! 新型「エクスパンダーブラックエディション」がインドネシアで復活

三菱のインドネシア法人が「エクスパンダー ロックフォードフォズゲート・ブラックエディション」を発売しました。どんなクルマなのでしょうか。

ダイナミックシールドまで真っ黒なエクスパンダーが登場

 三菱のインドネシア法人は、東南アジアを中心に販売されるMPV(日本でいうミニバン)の「エクスパンダー」およびSUVルックの派生モデル「エクスパンダークロス」に特別仕様車「ロックフォードフォズゲート・ブラックエディション」を設定し、2021年6月10日に発売しました。

 ロックフォードフォズゲート・ブラックエディションは2020年10月にも発売されており、好評を博したため、再び発売に至ったと三菱のインドネシア法人は説明しています。

三菱「エクスパンダー ロックフォードフォズゲート・ブラックエディション」
三菱「エクスパンダー ロックフォードフォズゲート・ブラックエディション」

 ロックフォードフォズゲートは1970年代に設立されたアメリカのオーディオメーカーで、今回発表された特別仕様車はロックフォードフォズゲート製オーディオシステム(デジタルシグナルプロセッサーとサブウーファー)を搭載するほか、ブラックパーツでコーディネートされた外装のデザインが大きな特徴となります。

 外観をみると、エクスパンダー/エクスパンダークロスの両車種で共通してフロントグリルやドアミラーカバー、ホイールがブラックで統一されており、精悍な雰囲気を演出。

 車種別の設定では、エクスパンダーでは三菱車のファミリーフェイス「ダイナミックシールド」の加飾までブラックになっている一方、エクスパンダークロスではルーフレールやテールゲートガーニッシュがブラック塗装という違いがあります。

 さらにエクスパンダークロスにはブラックレザーシートが採用されており、高級感ある仕上がりです。

 ロックフォードフォズゲート・ブラックエディションに搭載されるエンジンはエクスパンダー/エクスパンダークロスともに1.5リッターガソリンです。

 エクスパンダーのロックフォードフォズゲート・ブラックエディションはAT仕様とMT仕様の設定があり、エクスパンダークロスのロックフォードフォズゲート・ブラックエディションはAT仕様のみです。

 ロックフォードフォズゲート・ブラックエディションの価格は、エクスパンダーが2億7390万ルピアから2億8380万ルピア(日本円換算で約211万円から約219万円)、エクスパンダークロスが3億1265万ルピア(同約241万円)に設定されています。

【画像】めっちゃ黒い三菱SUVミニバン発売! 新型「エクスパンダー ブラックエディション」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. こういうのこそ日本で発売すべきなんだよなぁ。絶対売れるのに。

  2. 海外の評価は解らないけど…相変わらず三菱はデザインが酷い…
    日本でこの系統のデザインは売れてないんだから少しは気づけばいいのに…

    • デザインは世界的に見て優秀なんだよなぁ。
      それに東南アジアでは三菱は未だに強いからな?

      いまや日本で車は、ファミリー向けの利便性追求特化か自称エコロジスト()向けのエコカーや軽しか売れんのよ?車離れも加速してるし先細り市場に投資すると思うかい?

      わかってる?ん?