V6ツインターボで爆速!? トヨタ新型「ランドクルーザー」は日産「パトロールNISMO」とどう違う?

トヨタが2021年6月10日に世界初公開した新型「ランドクルーザー」は、日産の海外専売車「パトロール」と比較して、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。いまわかる情報を元に見ていきます。

ふたつの顔つきで登場する新型「ランドクルーザー」

 トヨタは2021年6月10日に新型「ランドクルーザー」をワールドプレミアしました。14年ぶりとなるフルモデルチェンジにより、内外装のデザインやシャシ、パワートレインなどすべてが刷新されており、世界的に注目が高まっています。

 一方、日産にも中東市場など海外で販売する大型SUVとして「パトロール」が存在。両車はどのような違いがあるのでしょうか。

トヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」(海外仕様)
トヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」(海外仕様)

 トヨタの中東公式YouTubeチャンネルは、新型ランドクルーザー発表の1週間以上前からティザー映像を公開。こうしたことからも、中東が新型ランドクルーザーにとって重要な市場のひとつであることがわかります。

 一方、パトロールの現行モデルはアラブ首長国連邦のアブダビで2010年2月14日(日本時間)にお披露目されました。

 パトロールはオーストラリアをはじめ中東市場以外でも販売されているほか、北米の「アルマーダ」などの兄弟車も存在するものの、やはり中東市場がパトロールにとって重要であることは変わりません。

 そこで、今回は新型ランドクルーザーの海外仕様についていま分かる情報を元に、中東向けパトロールと比較して、特徴や違いを見ていきます。

 新型ランドクルーザーのボディサイズは全長/全幅などのボディサイズとディパーチャーアングル/アプローチアングルは200系を踏襲しているといいます。参考までに200系のボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1870-1880mmです。

 外観を見ると、2021年6月時点で2種類の顔つきがあることが明らかになっています。

 ひとつは、大型メッキフロントグリルが装着されたラグジュアリー感のあるモデル、もうひとつはトヨタのモータースポーツブランド「GR」のバッジが装着されたモデルです。

 GRバッジが装着された新型ランドクルーザーは、メッキ加飾が控えられてかつ「TOYOTA」の文字が印象的なフロントグリルが装着され、従来のランドクルーザー(200系)にはない新たな個性を演出。

 外観以外の変更点は不明で、通常モデルとどのような違いがあるのか今後の発表が注目されます。

 一方、パトロールのボディサイズは全長5315mm×全幅2035mm×全高1940mm。通常モデルのほかにスポーティな「パトロールNISMO」が存在します。NISMOバッジが与えられているだけでなく、専用デザインのフロントグリルやバンパー、ボディ下端の赤い差し色がスポーティ感を強調しています。

【画像】「TOYOTA」エンブレムがイカす“GR顔”登場か!? トヨタ新型「ランドクルーザー」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント