デザイン激変のホンダ新型「ヴェゼル」が早くも人気!? 新旧モデルはどう違う?

2021年4月に登場したホンダ新型「ヴェゼル」。新型モデルは初代モデルとどのような点が違うのでしょうか。新旧モデルを比較してみます。

新型ヴェゼルは高級感のあるデザインに進化

 最近のSUVブームのなかでも、とくに小型SUVが人気を誇っています。

 トヨタ「ヤリスクロス」や「ライズ」などが好調な販売を見せるなか、ホンダはコンパクトSUV「ヴェゼル」をフルモデルチェンジし、2021年4月23日に発売しました。

 2013年12月に登場した初代ヴェゼルは都会的なSUVとして人気を博し、これまで4度のSUV年間ナンバー1を獲得。約7年半ぶりに登場した新型ヴェゼルは初代モデルからどのような進化を遂げたのでしょうか。

高級感がアップしたホンダ新型「ヴェゼル」
高級感がアップしたホンダ新型「ヴェゼル」

 初代ヴェゼルは、クーペスタイルを取り入れたアクティブなSUVとして多くのユーザーから支持されていましたが、新型ヴェゼルはクーペスタイルをより強め、流麗さと上質感を高めたプレミアムなSUVに一新しました。

 ボディサイズは、初代ヴェゼルが全長4330mm-4340mm×全幅1770mm-1790mm×全高1605mm、新型ヴェゼルが全長4330mm×全幅1790mm×全高1580-1590mm。全長と全幅は同等ですが、新型ヴェゼルは全高が低くなり、立体感のあるノーズによってロー&ワイドな印象を受けます。

 外観はクーペライクなプロポーションを際立たせながらも、全席で爽快な視界を提供するための「スリーク&ロングキャビン」を採用。サイドのラインを前後に貫いた、水平基調のデザインとしました。

 また、ヘッドランプがよりシャープな形状となり、大型グリルにかわってボディ同色のルーバーグリルを装着。初代ヴェゼルとはまったく異なる表情を生み出しています。

 リアのデザインは横一文字に光るリアコンビネーションランプを採用するなど、最近のトレンドを取り入れ洗練されたスタイルとしました。

 さらに、サイドの伸びやかなスタイルを採用するとともに、テールゲートを傾斜させたことでコンパクトな開閉を実現。また、Cピラー内蔵のドアノブは初代ヴェゼルから引き続き採用しています。

 内装は、初代ヴェゼルも上質なデザインでしたが、新型では洗練されたデザインへと進化しました。

 HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)に基づいたインテリアは、運転時の視界に入りやすい位置にメーターやオーディオパネルを配置。

 さらに、着座位置を崩さずに自然に手が届く場所にスイッチ類を設置することで、スムーズな運転動作が可能になりました。

 新型ヴェゼルは最上級グレードのe:HEV PLaYに「パノラマルーフ」を設定。前席・後席ともに開放感のある室内を実現しています。

 このパノラマルーフは大開口ながら、日差しの熱をカットする「Low-Eガラス」を採用することで快適な室内環境が保つ工夫が施されました。

 またエアコンは、集中して吹き出す通常の機能に加え、風が拡散して吹き出す「そよ風アウトレット」を全車採用。フロントからサイドに沿って後方へと風が流れ、乗員を包み込むような心地よい空気の流れを生み出します。

【画像】初代と全然違う! ホンダ「ヴェゼル」の新旧モデルを見比べる(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント