小さい&軽いは正義! 今こそ乗りたい軽スポーツカー5選

ホンダの軽オープンスポーツ「S660」が2022年3月で生産終了することが発表され、魅力的な軽スポーツカーが消えることになりました。いま新車で買える軽自動車のスポーツモデルにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

税金も安く燃費も良好な軽スポーツに注目!

 2022年3月に生産を終了すると発表されたホンダ「S660」。実用性よりスポーツ性に特化させた軽スポーツですが、2015年の登場から7年で終了してしまうのは残念な限りです。

 そうなると気になり出すのが、いま新車で買える軽スポーツカーです。環境負荷も少なく税制面でも有利な軽自動車でスポーツ走行が楽しめるのですから、クルマ好きにとって実は非常に魅力的なジャンルといえます。

 今回は軽スポーツカーの魅力的なモデルを5台ピックアップして紹介します。

最後の特別仕様車 ホンダ「S660 モデューロX バージョンZ」
最後の特別仕様車 ホンダ「S660 モデューロX バージョンZ」

●ホンダ「S660」

 2シーターのオープンボディで、リアミッドシップにエンジンを搭載するホンダ「S660」。1991年から1996年に生産されたホンダ「ビート」と同じレイアウトながら、現代的なスポーツカーらしさを感じさせる仕上がりとあって、2015年の登場以来、注目を集めました。

 2022年3月を持って生産終了となりますが、このアナウンスとともに登場した最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」に予約が殺到。特別仕様車のみならず、通常仕様もすでに完売するなど、駆け込み需要が殺到したことも話題になっています。

 S660は全長3395mm×全幅1475mm×全高1180mmのボディサイズに、自主規制枠いっぱいの64馬力を発揮する660cc直列3気筒ターボエンジンを座席後部に搭載。後輪を駆動させる、いわゆるMRが最大の特徴です。

 トランスミッションは6速MTとCVTが選べ、2シーターでかつ頭上空間がオープンになるタルガトップとなっており、走る楽しさを追求しました。

 その本気度はタイヤにも現れており、フロントが165/55R15なのに対してリアは195/45R16と径も太さも違う前後異径ホイールを採用。軽とは思えない本格仕様で、見た目もホンダのスポーツカーらしいシャープなスタイルを採用しています。

 衝突被害軽減ブレーキの搭載や騒音規制への対応、衝突安全基準などがクリアしにくいとの判断から惜しまれつつも生産終了となりましたが、今後はここまでスポーツに特化した軽自動車は登場しないかもしれません。

 お金に余裕があればぜひ購入しておきたい、魅力にあふれた軽オープンスポーツカーです。

●ダイハツ「コペン」

 ハッチバックやハイトワゴン系のボディが主流の軽自動車のなかで、S660と双璧をなす軽スポーツオープンカーがダイハツ「コペン」です。

 S660と同じ2シーターの軽スポーツカーでありながら、コペンはFFベースで扱いやすさも兼ね備えています。

 現行となる2代目は、スポーツカーらしいロングノーズ&ショートデッキな雰囲気を演出したデザインに進化して2014年に登場。

「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」とデザインコンセプトの異なる3バリエーションを揃え、さらに、TOYOTA Gazoo Racingの知見を盛り込んだ「GRスポーツ」もラインナップして現在は4タイプを展開(GRスポーツはトヨタでも販売)。

 最大の特徴となっているのが、高い剛性と空力性能を発揮する骨格構造「D-Frame」を採用したことで、一部樹脂製のボディ外装パーツを好みに合わせて着せ替えできる「Dress-Formation」構造(外装パーツ変更は販売店でのみ交換可能)を実現しました。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1280mm(エクスプレイS)、搭載されるパワーユニットは64馬力の660cc直列3気筒ターボエンジンで、トランスミッションは5速MTかCVTが選べます。

「アクティブトップ」と呼ばれる電動開閉式ルーフの採用もコペンの特徴のひとつ。約20秒でフルオープンにもなり、屋根を閉めればクーペとして楽しめます。それでいてトランクも装備され、荷物を積むことができるなど実用性も確保しました。

 コペンはダイハツのラインナップで唯一「スマートアシスト(予防安全機能)」が設定されていませんが、VSCやTRC、ブレーキオーバーライドシステム、エマージェンシーストップシグナルなど独自の安全機能を装備し、誰もが安心してスポーティな走りを楽しめる仕様になっています。

●スズキ「アルトワークス」

 軽スポーツの代名詞とも呼ばれ、スポーツ性能の高さで人気なのがスズキ「アルトワークス」です。

 軽のスタンダードであるハッチバックボディにターボエンジンを搭載し、登録車のスポーツカーに匹敵する走行性能が自慢です。

 8代目となる現行「アルト」をベースとしたアルトワークスは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1500mm、660cc直列3気筒ターボエンジンを搭載し、FFは5速MTのみ、4WDは5速MTと5速AMTの「5AGS」が選べます。

 このクラス最強のエンジンは、64馬力と最高出力こそ一緒ですが、最大トルクは10.2kgm(100Nm)を発生。さらにFFモデルは670kgという軽量ボディで、数値だけでもその速さが期待できます。

 この軽さに加え、専用レカロシートの採用や専用設計のショートストロークシフト(5速MT)は、1速から4速までをクロスレシオ化し、5AGS車ではパドルシフトを備えており、スポーティな走りを演出。

 サスペンションも専用のチューニングが施され、一般的な市街地走行では硬いけれどスポーツ走行では頼もしさを感じさせるセッテイングとしました。

 しかも超軽量にも関わらずスズキの安全予防機能「セーフティサポート」も搭載。5AGS車には衝突被害軽減ブレーキや前後に誤発進抑制機能なども盛り込み、実用性や安全性を犠牲にすることなく徹底的に鍛え上げられたスペシャルなスポーツモデルとなっています。

ホンダ・S660 の中古車をさがす

トヨタ・コペン の中古車をさがす

スズキ・アルトワークス の中古車をさがす

【画像】最後のS660は早くも完売! 走りが楽しい軽スポーツカーたち(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント