トヨタ新型「GR86」排気量アップは歓迎でも価格が心配!? 初代オーナーが期待することは?

トヨタ「86」の後継モデルとして新型「GR86」が2021年4月5日に世界初公開されました。今回のフルモデルチェンジでは「GR」の冠がつき、さらにスポーツ性がアップしています。新型GR86についてどう感じたのか、初代86オーナーに聞いてみました。

「GR」ブランドのスポーツモデルとして進化した新型「GR86」

 手軽に楽しめるスポーツカーとして人気のトヨタ「86」が、いよいよ第2世代へと進化することが発表されました。

 2代目はTOYOTA Gazoo Racingが手がける「GR」ブランドのモデルとなり、その名も「GR86」へと変更。トヨタラインナップとは別のスポーツ性を感じさせます。

よりカッコ良く進化したトヨタ新型「GR86」
よりカッコ良く進化したトヨタ新型「GR86」

 兄弟車のスバル新型「BRZ」が2020年11月に北米で発表され、なんとなくイメージはついていたものの、86についての情報は明らかになっていませんでした。

 新型GR86最大の変更点は、エンジンの排気量アップです。スバル製水平対向エンジンにトヨタの筒内直接+ポート燃料噴射装置「D-4S」を組み合わせたパワーユニットは、2リッターから2.4リッターへと変更。

 最高出力も207馬力(後期6速MT)から235馬力へ、最大トルクも20.9kgmから25.5kgmへと増強されています。

 そして注目したいのは最大トルクの発生回転数です。初代86が6400rpm-6600rpmだったのに対し、新型GR86の最大トルクは3700rpmで発生となっています。つまりエンジンを高回転させなくても十分な加速が得られる特性となりました。

 ボディサイズは初代86が全長4240mm×全幅1775mm×全高1320mmに対し、新型GR86は全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mmと全長が少し大きくなり、全高は低くなりました。車重はほぼ同じの1270kgとなっています。

 ホイールベースも+5mmの2575mm、コーナリング性能に影響するトレッドはフロント1520mmで同一ながらリアは+10mmの1550mm。タイヤサイズも大径化され、215/40R18と18インチが装着されます。

 このスペックから読み取れるのは、ボディサイズはほぼそのままに、軽量化と排気量アップを同時におこない、純粋に加速力が増した正常進化版だということでしょう。

 基本的には初代86と同じプラットフォームを採用しているのですが、新型GR86では「フルインナーフレーム構造」と呼ばれる新しい工法が用いられ、捻り剛性が50%もアップしました。ボディのガッシリ感が高まり、より軽快感のあるハンドリングが期待できそうです。

【画像】どこが変わった? 新型86&初代86をじっくり見比べる(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. トヨタとスバルでエンジンの変更がないのかね?
    2.4リッターノンタと2.0か1.8リッターターボとで両社で別エンジンにしたら面白そうだと思うけどな。

  2. 若者にも無理なく買えるスポーツカー作れないものですかね、