ドラマの影響で中古車人気上昇中のモデルもあり? 想定外のヒット車3選

生産終了後に再評価されて中古車がヒット?

●日産「ラシーン」

SUV人気からデザインが再評価されたクロスオーバーの先駆け「ラシーン」
SUV人気からデザインが再評価されたクロスオーバーの先駆け「ラシーン」

 最後に紹介する日産「ラシーン」は前述の2台と異なり、生産終了後に中古車が人気となったクルマです。

 ラシーンは前出のシビックシャトル ビーグルと同じくRVブームを背景にクロカン車風に仕立てられたモデルで、1993年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出展され、ボクシーで背の低いデザインは来場者から好評を博し、翌1994年に市販モデルを発売。

 ボディはショートスタイルのステーションワゴンで、フロントにグリルガード、ルーフレール、テールゲートには背面スペアタイヤを装着するなど、見た目は完全にRVのイメージで現在のクロスオーバーSUVの先駆け的存在といえます。

 ボディサイズは全長4115mm×全幅1695mm×全高1515mmと、今の水準からするとかなりコンパクトで、見切りの良いボディ形状も相まって、良好な取り回しを実現。

 搭載されたエンジンは発売当初、全グレード1.5リッター直列4気筒のみで、後に1.8リッターエンジン車を追加。トランスミッションは5速MTと4速ATを設定し、駆動方式はすべてフルタイム4WDとなっており、よりRVに近いコンセプトといえます。

 その後、ラシーンは2000年に生産を終了。フルモデルチェンジすることなく、また後継車もなかったため一代限りで消滅していました。

 ラシーンは平均すると年間1万台以上を販売しており、スマッシュヒットしたモデルですが、ここ数年で中古車が人気となりました。

 現在のSUV人気という影響だけでなく外観のデザインが再評価され、中古車をカスタマイズして販売する専門店もあるほどです。

 また、人気の漫画やそれを原作にしたドラマで、カスタマイズされたラシーンが登場したことも、人気を後押ししています。

 希少価値から人気となっている旧車、ネオクラシックカーとは異なり、デザインが注目された珍しい絶版車といえるでしょう。

※ ※ ※

 近年、SUV人気という背景からコンパクトカーをベースにしたSUV風モデルが増えていますが、シビックシャトル ビーグルやラシーンを見ると、歴史は繰り返しているように思えます。

 実際に、かつてのRVブームの頃は、今のSUV人気とは比べ物にならないくらい各メーカーのクロカン車が大ヒットしていたので、当時はその人気にあやかるように安易にRV風に仕立てられたモデルも散見されました。

 そのため、まったく売れずに短命だったモデルもあり、安易な企画は注意が必要ということでしょう。

日産・ラシーン の中古車をさがす

【画像】なぜ売れたのだろう? 意外なヒット車を見る(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ラシーンは正確にはセンターデフを用いないビスカスカップリングのみのフルオートフルタイム4WD
    と言うのも原型がB13型サニーであるために共通部品も多い。
    後にGA15エンジン車をグレードアップする形でSR18DE車にはビスカスとセンターデを用いたアテーサが登場
    このセンターデフを用いないビスカスのみの4WDはラルゴや初代セレナなど幅広く使われてましたがビスカスが気温に左右されることが多々ありで雪道の気温が低い時に反応が悪い記憶があるのですが、間違いならごめんなさいねw