日野が新型「デュトロ Z EV」発表 ウォークスルー可能な小型EVトラックを2022年導入へ

日野が、ウォークスルーバン型の小型EVトラック「日野デュトロ Z EV」を開発。約400mmという超低床を実現し、荷役作業性や乗降性を大幅に向上させたといいます。

普免で運転可能

 日野が2021年4月15日、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラック「デュトロ Z EV」を開発したと発表しました。2022年初夏に市場導入予定です。

「デュトロ Z EV」
「デュトロ Z EV」

 従来の後輪駆動車と比べて床面地上高は半分の約400mmという超低床構造を実現。あわせてウォークスルー構造を採用し、荷役作業性や乗降性を大幅に向上させています。ウォークスルーバンのほか、荷台を架装できるキャブシャシ型も設定しています。

 車体は現行の「デュトロ」より一回り小さいサイズ感とすることで、住宅街が走りやすくなるとともに、普通免許での運転を可能としました。

 航続距離は、宅配業務に必要な100km以上を目指したといいます。

 今回の小型トラックは、新開発のEVシャシを採用。従来のエンジンとトランスミッションの代わりにコンパクトなモーターをキャブ下に搭載し、前輪駆動としています。

 バッテリーは荷台床下のフレーム内側に配置し、それ以外の電動ユニットのほとんどをキャブ下に格納し、従来の後輪駆動車では実現困難だったという超低床を実現させています。

 サイズは全長約4.7m、全幅約1.7m、全高約2.3m。車両総重量は3.5t未満、乗員は2人です。

 住宅街での宅配をはじめ、倉庫・空港など大規模施設内での使用や、深夜・早朝の稼働など、場所や時間を選ばない活用が期待できるとしています。

【画像】「デュトロ Z EV」新開発のシャシ構造を見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント