最後のホンダ「S660 モデューロX」は本格派! 走りを極めた軽スポーツがこだわったこと

ホンダの軽スポーツカー「S660」が2022年3月の生産終了を待たずに完売してしまいました。最後の特別仕様車「S660 モデューロX バージョンZ」とはどんなモデルなのでしょうか。

ホンダアクセスがひと手間加えた「S660 モデューロX」とは

「2022年3月に生産終了」と2021年3月12日に発表されたホンダの軽ミドシップスポーツ「S660」。

 その反響は凄まじく、購入希望者が殺到。その結果、予定していた販売台数が2020年3月30日にすべて終了、つまり「完売」してしまいました。

最後の特別仕様車「S660 モデューロX バージョンZ」
最後の特別仕様車「S660 モデューロX バージョンZ」

 ちなみに6年前の2015年3月30日はS660の発表日であり、何か運命的なものを感じます。

 S660はほかのモデルと比べると作るのに手間がかかるため、1日の生産台数に限界があります。それを逆算していくと、「これ以上のオーダーは受けられない」という判断になったわけです。

 なかでも、コンプリートカーの「モデューロX(バージョンZを含む)」は持ち込み登録のため、生産終了とされる2021年3月31日までに登録を完了しないと、4月以降はナンバーを付けることができなくなってしまうそうです(ノーマルは登録車なので問題なし)。

 そんな状況のなかでS660のインプレッションを書くのは悩ましいところですが、納車を楽しみに待っている人、またはこれから中古車を買おうと検討している人のためにお届けします。

 今回は千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで、事実上のファイナルモデル「S660 モデューロXバージョンZ」に乗ってきました。

 モデューロXはホンダ車の良い所/悪い所を知るホンダアクセスの職人集団がひと手間加え、クルマにこだわりを持つ人に向けてストライクゾーンをより真ん中にしたコンプリートカーシリーズです。

 モデューロXがノーマル仕様と違うところは、実効空力を目指したエアロダイナミクスや走る道/環境を選ばないフットワーク、大人の琴線に触れる内外装です。

 そして、モデューロX バージョンZはよりストイックで非日常に憧れるユーザーに向けて、専用コーディネイトが施されています。

 外観はバージョンZ専用色の「ソニックグレー・パール」と定番の「プレミアムスターホワイトパール」を用意。

 ブラッククローム調のエンブレムやステルスブラック塗装のアルミホイール(通常はブラックスパッタリング)、ブラック塗装の専用ガーニーフラップ付アクティブスポイラーなどを採用しました。

 内装はカーボン調のインテリアパネル(メーターバイザー/助手席エアアウトレット/センターコンソール)、ラックススエード&合皮のドアラインニングパネル、専用シートセンターバック、専用アルミ製コンソールパネル(バージョンZロゴ入り)などを採用。内外装ともにヒカリモノを抑えることでモデューロXの機能美がより際立って見えます。

 なお、走りに関しては通常のモデューロXから変更はありません。それについて開発者に聞くと「モデューロXの走りはバランスで成り立っていますので、何かをプラスすればOKというわけではありません。我々は現時点でベストだと認識していますので、あえて手を入れていません」と語っています。

【画像】新車は完売! 最後の特別仕様車「S660 モデューロX バージョンZ」を見る(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント