サイズや排気量をあえて小さく! 大人に似合うダウンサイジングカー5選

環境の変化などにより、クルマのサイズや排気量を少し小さくして、維持費などの負担を軽くしたいという人もいるでしょう。そこで、積極的にダウンサイジングしたくなる、魅力的なモデルを紹介します。

スポーティに走りたい大人のホットハッチとは

 コロナ禍で自粛生活が長引く影響で、まだまだ景気は低迷しそうなこのご時世。クルマにあまりお金をかけられないという人も多いのではないでしょうか。そこで考えたいのが、クルマのダウンサイジングです。

 しかし単純にクラスや排気量、サイズが小さくなればいいということではありません。乗り換えるには、それなりに納得できる理由を求めたくなるものです。

 そこで今回は、積極的にダウンサイジングしたくなる魅力的なモデルを5台ピックアップして紹介します。

スポーツ性能を磨き上げたトヨタ「GRヤリス」
スポーツ性能を磨き上げたトヨタ「GRヤリス」

●トヨタ「GRヤリス」

 トヨタ「ヴィッツ」が2020年2月にフルモデルチェンジして、国内においても海外名だった「ヤリス」という車名に統一されました。

 ノーマルのヤリスはコンパクトでスポーティな走りが魅力ですが、それでは少し物足りないと感じてしまう人にお勧めしたいのが「GRヤリス」です。

「GR」とはトヨタのモータースポーツ部門「GAZOO Racing」のことで、ノーマルモデルの良さはそのままに、メーカー自らが徹底してスポーツ性能を磨いた特別なモデルにのみ授けられる称号です。

 そしてGRヤリスは、GAZOO RacingのWRC(世界ラリー選手権)チームが築き上げてきた技術力を投入し、モータースポーツ用車両を市販化したスペシャルなヤリスなのです。

 ノーマルのヤリスをベースに、エンジンフードやバックドア、ドアパネルにアルミ素材、ルーフパネルはCFRP素材(炭素繊維強化プラスチック)を採用。

 ボディサイズは、全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mmとノーマルより110mmもワイド化されるとともに、3ドアハッチバックとなりました(ノーマルのヤリスは5ドア)。

 GRヤリスは272馬力ものハイパワーを誇る1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを搭載。

 この大パワーを伝えるためにトルセンLSD付きの前後デフを組み込んだ4WDを採用し、トランスミッションも6速MTと、WRCで主役になっているハイパワーな4WDコンパクトカーを市販車で実現しています。

 ヴィッツにもスポーツグレードの「RS」やGRの称号が与えられたモデルもラインナップされていましたが、GRヤリスは最初からモータースポーツでの使用を前提として設計されているだけに本気度が違います。この本気度こそ大人が納得できる部分だといえます。

 これだけの動力性能と走行性能を持つだけに、新車価格(消費税込、以下同様)も330万円から456万円と、コンパクトカーとは思えないスペシャル価格となっていますが、120馬力の1.5リッターエンジンにCVTを搭載したマイルドな2WD車、「RS」グレードも設定しています。

 こちらは265万円からと手が出しやすい価格設定になっており、ルックス重視という人はこのRSグレードを狙うのもアリでしょう。

●スズキ「スイフトスポーツ」

 軽自動車のイメージが強いスズキですが、ラリー系のモータースポーツで数々の実績を積み上げてきたメーカーでもあります。

 そんなスズキのコンパクトカーとして安定した人気を誇る「スイフト」をベースに、よりスポーティな走行が楽しめるようにアップグレードされたモデルが「スイフトスポーツ」です。

 スイフトスポーツがほかのコンパクトカーのスポーツグレードと一線を画す理由として、かつてJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)で活躍したことがあげられます。

 現行モデルは参戦していないものの、これまで何度もクラス優勝を果たした実力を歴代スイフトスポーツにフィードバック。レースで鍛えられた本格派としての実績と実力は、コンパクトカークラスでは有数といわれています。

 それでいて、日常でも扱いやすいのがスイフトスポーツの魅力のひとつ。現行モデルのボディサイズは全長3890mm×全幅1735mm×全高1500mmと、全幅はシリーズ初の3ナンバーサイズですが、5ドアハッチベースのボディは実用性も良好です。

 搭載される1.4リッター直列4気筒ターボエンジンの最高出力は140馬力と控えめながら、わずか2500回転で最大トルク23.4kgmを発揮するなどピックアップの良さが特徴のセッティングになっています。

 トランスミッションは、現在では貴重な6速MTも設定されるのもスポーツグレードらしい配慮。ちなみに6速ATも用意されています。

 さらに、ベースとなる4代目スイフトが2020年に一部改良されたことを受けて、スイフトスポーツでも従来はメーカーオプションだった「セーフティパッケージ」が標準装備化(非装着車も設定)されました。

 また、安全装備を充実させたうえで車重970kg(6速MT)という軽量化を実現しており、数値以上の速さを体感できるモデルです。なお、軽さを追求するために、4WDではなくあえてFFを採用してえます。

 スイフトスポーツは、前出のGRヤリスほど本気のスポーツモデルでないところもポイント。普段使いでは気軽に乗ることができ、ときにはキビキビした走りも楽しめる、いいとこどりのモデルだといえます。

 スイフトスポーツの価格は187万4400円から214万1700円です。

トヨタ・ヤリス の中古車をさがす

スズキ・スイフトスポーツ の中古車をさがす

【画像】コンパクトなのが丁度いい! 大人が乗っても様になるダウンサイジングモデル(51枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. メルセデスC200のような1500ccマイルドハイブリッドは言われて初めて知る排気量に驚き!だし、本来は低速域が苦手な領域にこそ威力を出す電気仕掛けでいいんじゃないですかね?

  2. セコいダウンサイズは後々仇にるんじゃないかな、最近も軽も重くなったから有料道路値上げとか?どうせ今度は馬力税なんてのを導入されたりしてさ
    でもねイカサマな馬力から卒業する良い機会だよ。
    トラクタの牽引能力も馬力計算だから実にアホすぎるし。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー