絶版車 ホンダ「S660」の価値が爆上げ!? ガソリン車で最後のミッドシップは買いだ!

ホンダの軽2シーターオープンカー「S660」が2022年3月に生産終了します。最後の特別仕様車も発売されましたが、今後S660のようなコンセプトのクルマが登場することはなさそうなので、「今が買い」だといいます。

2022年3月にS660が生産終了へ

 ホンダの軽2シーターオープンカー「S660」が2022年3月で生産中止になるという。驚くべきはこれまでの総生産台数で、わずか3万2000台です。

 御存知の通り、S660って専用設計。このクルマのためだけにプラットフォームを作ったのです。

2022年3月で生産終了となるホンダ「S660」
2022年3月で生産終了となるホンダ「S660」

 一般的にプラットフォームまで開発すると、少なくとも600億円掛かるという。1台当たりにすれば開発/生産施設への投資だけで最低187万円ということになる。

 これにエンジンの価格や部品の価格、生産に掛かる費用など上乗せしていくと、平均して1台230万円で売っても強烈な赤字ということ。ホンダにとっては厳しいモデルになってしまったといえるかもしれません。

 S660の前身ともいえる「ビート」の総生産台数は、奇しくもS660とほぼ同じ3万4000台。やはりまったく売れ行きが伸びず、スズキ「カプチーノ」と共に生産終了になったことを思い出す。

 余談になるけれど、S660の試乗会でホンダに「車幅を拡大して3気筒1リッターターボを積めば世界で売れるんじゃないか?」と聞いたけれど、「S660はビートとは完成度が違うから国内だけで十分売れると思う」という回答だった。

 250万円で160馬力くらいの1リッターターボ仕様があったら私も間違いなく買っていた。というか世界規模で売れたに違いない。

 そもそも私の身長(183cm)だとS660には座れない。なんとなれば頭が金属製のルーフバーに当たってしまうのです。

 軽自動車ではなく、車幅を1700mmくらいに設定しておけば、もう少し天地方向に余裕を持たせられたと思う。

 とにかく、S660は基本的なコンセプトからして無理が多かった。そういう意味では、電気自動車の「ホンダe」と共通項が多い。

【画像】ガソリン車のミッドシップは最後!? 今なら新車で買えるホンダ「S660」(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. テェ~ヘンダ!ガソリンの販売が無くなる?w

    BBSのウィグル報道番組からこっち中共をめぐる世界の動きが激しい。日本では何処も流さない番組だから誰も知らない。
    電気自動車ってシナをあてにしてのプランなら相当にハイリスク北京五輪吹っ飛んだらあくる日にも尖閣や台湾に攻めてくるかもね。米民主党は軍事産業やGAFAの資金と貧乏人の票で成り立ってる、いよいよきな臭い。シナに投資した資金の回収は無理・・・どうすんだよ。

    株買うよりS660の方が安全確実かもw(あかんかったら乗れるし)

  2. 相変わらずホンダに対して落としっぱなしの酷評ですね。
    「コンセプトからして無理が多かった」なんですか、この言い草は。すべてを否定するような。
    それにくわえ、honda eも同じ?
    こんな評論なんて不愉快でしかないので、お止めいただきたい。