湘南ブルーがイチオシ! 走りと快適性に個性をプラスした日産 新型ノート「オーテック」の実力とは

8年ぶりにフルモデルチェンジがおこなわれた日産「ノート」。そのオーテックパージョンとなる、新型「ノート オーテック」を紹介します。

新型ノートのファクトリーカスタムモデル「ノート AUTECH」

 2020年12月23日にフルモデルチェンジを果たした日産「ノート」のオーテックバージョンである、新型「ノート オーテック」を紹介します。

日産 新型「ノート」AUTECH

 8年ぶりにフルモデルチェンジがおこなわれた新型ノートは、自販連が発表する販売台数を見ると2021年1月が7352台(6位)、翌2月は7246台(7位)とトップ10入りを果たしており、街中でも見かける機会が増えてきました。

 しかし、売れている=街で見かけることも多いわけで、他の人とは違う「プラスα」を求めるユーザーも増えていると聞きます。とくにノートはシンプルなグレード展開なため、尚更かもしれません。

 そんな人におススメしたいのが、ファクトリーカスタムの「オーテック」です。

 これまではノーマルモデルが発売された後に、追加モデルとして設定されることが定番でしたが、今回はノーマルモデルと同時発売となっています。

 オーテックについておさらいすると、ニスモと並ぶ日産のサブブランドで「プレミアムスポーティ」をコンセプトにしたブランドです。

 2018年のセレナを皮切りにラインアップを拡大していますが、ノートでは先代に引き続いてのラインアップとなります。

 では、ノーマルと、どこか違うのでしょうか?

【画像】8年ぶりのフルモデルチェンジで人気の日産 新型「ノート」に個性をプラスした「ノート オーテック」を画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 湘南て少しもブルーじゃないけどイメージ戦略は凄いなー
    しかしながらオーテック仕様を最寄りの車検場で引き当て先も無いのに、見込んで予備検査して全国の販売店にバラ撒いて引き当て先が決まったら予備検査の期限内に登録納車とかお決まりパターンなんだろうなw
    んで予備検査が切れる3ヶ月内に売れなかった車を今度は再度検査して引き当て先に新車として卸すパターンも嫌気がさすな。
    いい加減にカタログモデルにすりゃいいにw

    • 言ってることに根拠がなさすぎます。
      単なるアンチコメントですね。
      炎上したら最後ですよ。