なぜ新車買うなら年度末が良い? 決算セールで狙い目なのはどんな車種なのか

さまざまな業界でオトクだとされる「年度末セール」。新車市場では、どのようなモデルが狙い目なのでしょうか。そして、なぜ年度末にはセールがおこなわれるのでしょうか。

期末決算で狙い目なのは登場から数年が経過したモデル中期の車種

 例年、2月から3月はさまざまな業種で「決算セール」の時期となります。
 
 新車市場でも例外ではなく、クルマをお得に購入できるにタイミングともいえますが、最近ではどのようなモデルが狙い目なのでしょうか。

年度末は新車がオトクに買える時期? その条件とはどんなもの?
年度末は新車がオトクに買える時期? その条件とはどんなもの?

 各メーカーの決算セール対象車を見ると、発売開始から少し時間が経過し、バックオーダーを抱えていない3月末までに登録ができるモデルがいずれも共通して対象車となっているようです。

 人気車種であっても発売開始からある程度経過している車種は、決算期でお得に購入できるといえます。

 とあるトヨタ販売店の決算セール情報を見てみると、高級セダン「クラウン」、コンパクトSUV「C-HR」、コンパクトカー「アクア」といったモデルが決算セール対象車となっています。

 具体例を挙げると「クラウンHV RS “Limited”」のボディカラープレシャスシルバーのモデルが、オプションの「ETC2.0」が搭載され、通常546万500円のところ476万500円と70万円引き。

 ミドルサイズミニバンの「ノア Si “W×BII”(7人乗り)」のボディカラーホワイトパールクリスタルシャインのモデルが、オプションにスペアタイヤが付いて、通常298万4300円ところ253万4300円で45万円引きとなっています。

 これらの共通点は、さまざまなオプション付きでも大幅な値引率となっていることで、車種によってはナビキットが10万円近く値引きされる対象車もあるようです。

 また、とあるホンダの販売店では人気No.1の軽自動車「N-BOX Custom L」のナビパックが付いたモデルの価格が241万8403円のところ226万8403円と15万円引きとなっています。

 ほかにも、人気コンパクトカー「フィット」は15万円引き、コンパクトミニバンの「フリード」も最大25万円引きなど、軽自動車や5ナンバーのコンパクトモデルが決算セール対象モデルとなっており、店舗によっては限定台数を設けて販売されているようです。

 都内のホンダ販売店スタッフは、次のように説明しています。

「1年間のなかでもっとも値引きなどが頑張れる時期なので、お得なクルマを多く揃えています。

 例えば、人気のN-BOX、フィット、フリードであれば、3月末までの登録に間に合うクルマをご用意しています。

 ただ、ミニバンのステップワゴンは、3月末までの登録に間に合うクルマが少ないので、難しいかもしれません」

※ ※ ※

 値引き以外にも決算期に購入することでオリジナル特典を設けている店舗もあり、例えばホンダカーズ岐阜中央では、純正ナビ、ドライブレコーダー、撥水ワイパーブレードなど計6つの特典を付属しています。

【画像】超豪華! かつて実在した1500万円のトヨタ「アルファード」を見る(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 3月末なんて保険も半端だし結局は無用な付属品をふっかけられた後の値引きで高い買い物を押し付けられるだけだ。
    自分が欲しいグレードを検討して納期が年度末に間に合うなら商談すればよし、ワザワザ決算期を目的に商談すれば欲しくもないオマケが邪魔になるだけ。