高速道路で窓から手を出したら違反? 過去には転落死が発生したケースも

クルマの運転に慣れていないと、わからない素朴な疑問があります。では、高速道路などを走行中に窓から手を出して運転をしていたら、違反になるのでしょうか。

高速道路で窓から手を出すのは違反?

 高速道路などを走行中に窓から手を出して運転をしていたら、違反になるのでしょうか。

走行中に窓から手を出すのは違反になる? 法律的には問題ないが…。
走行中に窓から手を出すのは違反になる? 法律的には問題ないが…。

 結論からいうと、道路交通法上では高速道路を運転中に窓を開けることは違反ではありません。

 しかし、運転中に手を出すことによって、道路交通法第70条で定められている、「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」といった規定にそぐわず、安全運転義務違反になる可能性があります。

 安全運転義務違反では、「操作不適」や「前方不注意」、「安全不確認」など7つに区分されており、これらに該当した場合違反手数は2点、普通自動車の場合9000円の反則金が科されます。

 また、教習所や免許更新時に配布される「交通の方法に関する教則」には、「ひじを窓わくに載せて運転するのはやめましょう」と明記されています。

 高速道路での運転について、千葉県警察署の交通課担当者は以下のように話します。

「手を出す程度であれば、違反にはなりませんがお子さんなどが顔や身を乗り出し転落してしまうといった万が一のことが考えられるので、そういった危険な行為は控えるべきです。

 実際に取り締まるという事例は少ないですが、皆さんにはそれぞれ気をつけていただきたいです」

※ ※ ※

 実際に、高速道路を走行中に窓から顔や身を乗り出したことにより事故が発生するケースが、国内外で報告されています。

 2020年9月にはイギリス・ロンドン南部の幹線道路を走行中、クルマの助手席側の窓から身を乗り出して動画を撮影していた女性が道路上に転落する事故が発生。

 また、日本でも2005年3月に東名高速道路下り線で、大型観光バスの窓から12歳の女子児童が転落死する事故が発生しています。

 高速道路上で転落する事故は、いずれも窓から身を乗り出したことが原因です。

 このような事故からも、高速道路を走行中に窓を大きく開けて顔や身を乗り出すことは、危険であるといえるでしょう。

【画像】走行中に手を出すのは危険? (9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント