クルマで渡れるつり橋 !? スリルと絶景が楽しめる珍スポットとは

静岡県静岡市葵区岩崎に、クルマで渡れるつり橋があると話題になっています。いったいどのようなつり橋なのでしょうか。

井川湖をまたぐ全長258メートルのつり橋

 静岡県静岡市葵区にある井川湖をまたぐ大きな橋が、スリルと絶景が楽しめると話題となっています。いったいどんな橋なのでしょうか。

クルマで渡れるつり橋「井川大橋」(画像提供:@HopeFilter)
クルマで渡れるつり橋「井川大橋」(画像提供:@HopeFilter)

 話題となっているのは、井川湖の西岸にある静岡県道60号南アルプス公園線と、東岸にある市道を結ぶ井川大橋です。

 SNSに投稿されている写真を見ると、そこに写っているのは板張りの、古びた大きなつり橋で、絶景ではあるものの、特別「スリル」を感じる要素は見当たりません。

 しかし、実はこのつり橋は道路橋で、総重量2トンまでの車両は通行可能。世界的にも珍しい、クルマで渡れるつり橋なのです。

 橋の大きさは、標高約675メートル、全長258メートル、全幅2.5メートルと、幅はクルマ1台分程度。橋の入り口には通行についての注意看板も設置されており、「総重量2トン以上の車両は通行できません」、「1台ずつ通行してください」、「徐行して通行してください」と、3つの注意点が書かれています。

 実際にクルマでつり橋を渡った@Arisaka_VABさんは、その時の感想を次のように話します。

「写真より、実際行ってみるとかなりスリリングで怖かったです。風が吹くとホントに橋が揺れるので、怖さが倍増しました」

 ほかにも、「クルマで渡ろうとしましたが、重量オーバーで断念しました。橋自体は、そんなに揺れませんでしたが、ところどころに凹凸があったのでクルマでとおると怖いかもしれません。ちなみに、クルマはトヨタ『ヴォクシー』です」(@dam_dam_86さん)や、「吊り橋ならではの揺れと、木製の踏み板によりかなりのスリルを味わいました。それでも、橋の中央から見渡す井川湖の風景が素晴らしいので、井川湖周辺に遊びに行く度に渡りたくなります」(@mori_kekeさん)などの感想が聞かれました。

【画像】つり橋がクルマで渡れちゃう珍スポット! 井川大橋を画像で見る(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント