値引きしやすい車ってある? 元販売員が伝授! お得に購入するポイントとは

クルマを購入する際、少しでもお得に買いたいものです。では、値引きしやすいクルマとは、どのような特徴があるのでしょうか。

値引きしやすいクルマは新型車と在庫車

 クルマの購入を検討している人にとって、クルマがどのくらい値引きされるかは気になるポイントです。
 
 実際、値引きがしやすいクルマというのはあるのでしょうか。

新車を賢く購入する方法とは?
新車を賢く購入する方法とは?

 まず、新たに新規モデルやフルモデルチェンジ(以下、新型車)が登場した場合には、メーカーや販売店としても力を入れて販売したいクルマであることから、メーカーによっては値引きされやすいクルマだといいます。

 国産系販売店スタッフによると、次のように説明しています。

「新型車の発売時は一般公開前の段階から何度も戦略会議がおこなわれ、増販に取り組みます。

 販売店としても売りたいクルマなので、顧客側の交渉次第では値引き出来る可能性もあります」

 しかし、車両本体価格にはメーカーからの卸し価格に加え販売店の経費や利益を上乗せして設定しており、大幅な値引きができるわけではないようです。

 そこで、各販売店は新型車が発売された直後には特別キャンペーンを施策として打ち出しています。

 過去には、新型車限定でローンの金利を下げたり、数万円から10万円程度のオプションを無料でサービスしたりといったキャンペーンがおこなわれていました。

 車両本体価格の値引率が低くても、こういったキャンペーンを利用することで、お得に新型車を購入できることがあるため、狙い目なクルマといえるかもしれません。

 また、新型車のほかに、「在庫車」も値引きされやすいクルマです。

 正規販売店で新車を購入する場合、注文を入れてから生産をする受注生産のスタイルが主流ですが、販売店では売れることを見越して在庫車として保有している場合があります。

 販売店としては、在庫は早めに手放したいため、通常の受注生産の価格よりも安く購入できることが多いようです。

 前述とは別の国産系販売店スタッフは、次のように説明します。

「在庫車は置いておくだけで色々コストが掛かります。そのため早く購入頂けるように値引きをすることもあります」

 在庫車は買い手がつくまで販売店の敷地内で保管されているか、展示車として店頭に置かれていて、傷が付いたり汚れたりすることのないよう注意を払って管理されています。

 在庫車の数は限られており、必ずしも希望通りのクルマが在庫として残っているとは限りませんが、タイミング次第では値引き価格でお得に購入できるようです。

【画像】 超豪華すぎる! かつて1500万円超え「アルファード」が存在? (25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 下取り高く新車を安く?他人の褌で八百長相撲ですか?