少しバランスが変じゃない? なぜか外観に違和感が残るクルマ5選

これまで市販されてきたクルマのデザインはさまざまなものがありますが、なかには「バランスが悪い」と感じるデザインのものがあります。機能を押し込んだりしたためにバランスが悪くなったものや、はじめから奇抜なデザインを狙ったものまでさまざまです。そこで、違和感のあるデザインのクルマを5台ピックアップして紹介します。

なんとなく、デザインに違和感がある? クルマたち

 クルマのデザインは、スポーティでスタイリッシュなものだけではなく、高級セダンのように重厚さを表現したもの、高級ミニバンのように迫力のある押し出し感を演出したもの、コンパクトカーでかわいらしさを追求したものなどさまざまです。

 クルマ作りのコンセプトは多種多様なので、それに沿った形でエクステリアデザインはなされていますが、なかには少しデザインバランスに違和感があるようなデザインを採用したモデルがあります。今回はそのようなモデルを5台紹介します。

電動ハードトップを採用した日産「マイクラC+C」
電動ハードトップを採用した日産「マイクラC+C」

●日産「マイクラC+C」

 日産「マイクラC+C」は2005年に欧州市場で発売され、日本市場では2007年に発売された2ドアの小型オープンカーです。

 日産のコンパクトカー「マーチ」は、欧州ではマイクラという車名で販売されています(2017年に欧州で5代目マイクラが発売されたものの、2021年時点で日本では4代目マーチを継続販売)。

 マイクラC+Cは、3代目マイクラをベースとして電動開閉式のハードトップを組み合わせ、コンバーチブルにしたモデルとなっています。車名にあるC+Cは、クーペのCとコンバーチブルのCという意味からきています。日本では1500台限定で導入されました。

 コンパクトなボディサイズでオープンエアが楽しめるモデルは一定の人気があり、BMW「MINI」などにもコンバーチブルのモデルが存在。マイクラC+Cも同様にコンパクトでオープンエアが楽しめるといったニーズに応えたモデルとなっています。

 しかし、ルーフがクローズド状態の場合、電動開閉式の客室の前後長が短く前方に寄ったデザインのため、サイドやリアから見ると少し違和感を覚えるスタイルになっていました。

 それでも、ルーフがオープン状態ではすっきり見えるデザインとなっているので、オープン状態での見栄えを優先したデザインなのかもしれません。

●ダイハツ「オプティ」

 1992年に登場したダイハツ「オプティ」は丸目のかわいらしいヘッドランプを備え、全体的に丸いスタイリングも特徴的な軽自動車でした。

 1998年には2代目にフルモデルチェンジしますが、初代の3ドアハッチバックと5ドアハッチバックといった軽自動車の定番のボディスタイルから一転して、独立したトランクを持つ4ドアハードトップセダンに生まれ変わりました。

 一般的な軽自動車は、規格内の全長は限られているなかで十分な室内空間を確保しようとするとハッチバックスタイルが有利となるため、ほとんどの軽自動車はハッチバックスタイルを採用しています。

 しかし、オプティは軽自動車では珍しい独立したトランクを備えましたが、限られた全長のなかで非常に短いトランクとなったため、セダンらしい落ち着いた雰囲気には仕上がりませんでした。

●日産「マーチBOX」

 1999年に登場した日産「マーチBOX」は、2代目「マーチ」をベースに開発されたステーションワゴンです。

 マーチBOXは、ベース車とホイールベースは同じですが、ステーションワゴンに仕上げるために、リアのオーバーハングを240mm延長、全高も25mm高く仕上げられており、そのおかげで、コンパクトなボディながら荷室空間が広くなり実用性が高まりました。

 しかし、延長したリアのデザインが間延びした印象になり、アンバランスで違和感のある仕上がりになってしまいました。

 マーチの丸くかわいらしいデザインは、多くのユーザーに好評でしたが、追加されたマーチBOXは2002年におこなわれた3代目マーチへのフルモデルチェンジの際に消滅し、後継モデルもなく終了してしまいました。

日産・マイクラC+C の中古車をさがす

ダイハツ・オプティ の中古車をさがす

日産・マーチBOX の中古車をさがす

【画像】街でみかけるトヨタ車も「窓の高さがズレてる?」 個性派デザインのクルマを画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント