再び「赤色」に染まる? コロナ禍で変化するレインボーブリッジ 再び7色に輝く日はいつなのか

2021年1月7日に菅総理は、翌8日から東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に対して再びの「緊急事態宣言」を発令しました。そこで気になるのは、2020年6月に小池東京都知事による「東京アラート」によって赤く染まったレインボーブリッジの存在です。今回、7色のレインボーブリッジは再び赤く染まるのでしょうか。

2020年6月「東京アラート」を受けてレインボーブリッジが赤色に

 2021年1月8日から、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に対して、再びの「緊急事態宣言」が2月7日まで発令されました。

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令はこれで2回目となりますが、前回の緊急事態宣言解除後の2020年6月には、小池東京都知事による「東京アラート」を受けて首都高速11号台場線にかかるレインボーブリッジと東京都庁が6月2日から11日まで初めて「赤いアラート色」に染まりました。

約半年ぶりにレインボーブリッジは再び「赤色」に染まる日は来るのか。
約半年ぶりにレインボーブリッジは再び「赤色」に染まる日は来るのか。

 前回の東京アラートの期間では、19時から20時までは主塔を医療従事者への感謝として青色に連続点灯し、20時から24時は警戒を表す赤いライトアップがおこなわれ、アラートが解除された11日23時には7色のレインボーカラーが点灯されました。

 レインボーブリッジ初の赤いライトアップということもあって、首都高速や東京アラートに関わるライトアップを担当する東京都総務局総合防災部には、「何時から何時まで赤色ですか?」「いつまで赤色ですか?」問い合わせが多くあったといいます。

 その一方で、近隣住民やレインボーブリッジを通過するドライバーなどからは「赤い色が刺激的過ぎる」「夜になると毎晩窓から赤い光が見えてストレス」などのネガティブな声も少なくなかったようです。

「警戒」を目的とする赤色ですから、不快に感じる人も多かったのは仕方ないでしょう。

 では、1都3県に対して緊急事態宣言が発令されることが決まった現在、レインボーブリッジは再び赤くなるのでしょうか。

 ライトアップを担当する東京都総合防災部は、「現在のところ、再びレインボーブリッジが赤くなることはありません」と説明しています。

 しかし、これ以上感染が拡大し、再度「東京アラート」が出されるようなことになれば赤いライトアップの可能性がないとはいえません。

 通常のライトアップ色から医療従事者への感謝を表す青になったり、東京アラート発令中は赤になったり、7色になったりと、コロナ感染状況に合わせて忙しくカラーを変えてきたレインボーブリッジですが、実はもうひとつ変わっていることがあります。

 それは、ライトアップがおこなわれている時間です。東京都からの依頼によって2020年11月28日よりレインボーブリッジのライトアップはそれまでの「24時まで」から「22時まで」に短縮しており、12月21日以降は、飲食店の営業時間短縮要請にあわせてさらに短く「20時まで」となっています。

 1月7日に再び出された緊急事態宣言では、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県の飲食店に対して営業時間を午後8時までにする要請がおこなわれていますが、レインボーブリッジは先取りをして時短点灯をおこっていたことになります。

 今回、現時点では赤いアラート色になることは無いといいますが、再びレインボーブリッジが24時まで7色に輝く日が早く来ることを願いたいものです。

【画像】再び、東京が赤く染まる!? コロナ禍で色が変わるレインボーブリッジを見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 若戸大橋?