ポルシェよりもホンダが先取り採用? 画期的な技術も失敗? 消えた豪華装備とは

クルマの技術・機能は日々進化をし続けています。そのなかでに、アイディアこそ画期的だったものの、時代を先取りし過ぎた結果、消えていった装備も多く存在。今回は、そのなかから現在では認知されたものを紹介します。

いまではポルシェが採用も…ホンダが先取った先進技術とは?

 1980年代、排出ガス規制を乗り切った自動車メーカーはバブル景気も後押しし、高性能化/高機能化を推し進めますが、その陰にはさまざまな失敗もありました。
 
 もちろん「失敗は成功の元」ですが、「これはさすがに」というアイテムもいくか存在。
 
 今回は、そんな珍装備・珍アイテム・珍機能を紹介していきます。

1985年4月、モデル末期の初代シティに追加された「ハイパーシフト」
1985年4月、モデル末期の初代シティに追加された「ハイパーシフト」

 現在、ATの多段化が著しいなか、MTもポルシェ「911」が7速MTを設定し話題となりましたが。

 しかし、今から35年前にそれと同等のトランスミッションがホンダに存在しました。

 それが1985年4月、モデル末期の初代シティに追加された「ハイパーシフト」です。

 パッと見は普通の4速MTですが、2速(1.772)/3速(1.178)/4速(0.794)それぞれにHI(1.000)/LO(1.362)のふたつのギアを備えることで7速MTを実現していました。

 副変速器付のMT自体は1978年に登場の三菱「ミラージュ」に採用された「スーパーシフト」がありましたが、ハイパーシフトの特徴は副変速器の切り替えが自動であることです。

 HI/LOの切り替えはアクセルの踏み具合/エンジン回転/クラッチのON-OFFをコンピューターで演算、変速操作は油圧クラッチを採用していました。

 作動イメージとして、「3速で走行中に追い越しをしたい→アクセルを踏む→HIからLOに自動でシフトダウン→力強い加速→追い越しが終わりアクセルを緩める→自動でHIにシフトアップ」と、要するにMTなのにATのようにキックダウン機構を持ったトランスミッションでした。

 当時のホンダは「操作は4速MTのまま、7速を自在に使いこなせる独創のメカニズム」と語っていました。

 HI/LO切り替えの滑らかさや自然なフィーリングは「なるほど」と思う部分はありますが、実際に7速のように使えるかというと難しいところです。

 さらに「HI/LOに切り替えが煩わしい」、「体感しづらい」など、凝ったメカニズムの割にはユーザーメリットが薄かったようです。

 その証拠に、約1年半後となる1986年10月に登場した2代目シティには、ハイパーシフトは設定されず通常の5速MTが搭載されていました。

 次に紹介するのは、まだコンビニが「すぐそこに!!」ではなかった時代、飲み物を保冷するためにエアコンを用いた「クールボックス」を装備するモデルがありました。

 ちなみにトヨタ「クラウン」の伝統装備のひとつでもあり(14代目で廃止)、リアシートの座面後ろやアームレスト後方に用意されていました。

 かつては多くのモデルに設定がありましたが、現在はトヨタ「ランドクルーザー」やレクサス「LX」に設定(センターコンソールボックス内)されているくらいで、純正装備という意味では絶滅危惧種となっています。

 さらに1982年登場のトヨタ2代目「タウンエース/マスターエース」に世界初の「製氷機」も用意されていました。

 当時のカタログを見ると「走行状態に応じて30分か~60分で2cm角の氷が20個も作れます」と記載されていました。その後、1BOXモデルの多くに設定されましたが、こちらは絶滅。

 現在の高級ミニバンとなるトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」や日産「エルグランド」にも設定はありません。

【画像】ポルシェより早かった!? ホンダの凄い7速MTを見る!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. スバルレオーネ1800RX4WDに四駆の切り替えにLo Hiがあり前進10速後退2速に使えました。

  2. リアシートにショーファーが座る??? 職務放棄やん
    筆者は「ショーファー」の意味を理解してないのか

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。