軽SUVが躍進? ハスラー&タフト 似て非なる個性の違いとは

2020年はスズキ「ハスラー」が2代目モデルへとフルモデルチェンジ。そして、ダイハツからは「タフト」が登場するなど、軽自動車のクロスオーバーSUVが新たなフェーズに入った年となりました。この2台にはどのような異なる魅力があったのでしょうか。

2020年は軽SUVが新たなフェーズに突入?

「普通の軽自動車じゃつまらない」というユーザーに注目され、いまや定番ジャンルとなりつつあるのがハイトワゴンのパッケージングを備える軽自動車クロスオーバーSUVです。

 パイオニアとなるのは2014年にデビューしたスズキ「ハスラー」で、デビューするやいなや人気モデルとなりました。

似て非なる2台は、2020年の新車市場を盛り上げた。
似て非なる2台は、2020年の新車市場を盛り上げた。

 2020年は、そんな軽自動車のクロスオーバーSUVが新たなフェーズに入ったといえるでしょう。

 先駆者のハスラーがフルモデルチェンジしたうえに、そのフォロワーとなるダイハツ「タフト」がデビューしたからです。

 しかし、よく比べてみるとこの2台はガチンコライバルではなく似て非なるものでした。キーワードは「方向性の違い」です。

 2019年12月24日に発表され、年を越えた2020年1月20日から発売された2代目の新型ハスラー。

 フルモデルチェンジの方向性は正常進化で、室内の広さ、安全性能、快適装備、そして走りと全方位で性能アップがはかられています。

 ハスラーのポイントは、遊び心を持ちつつもファミリーユースにうれしい使い勝手の高さでしょう。

 同社のハイトワゴンである「ワゴンR」と同様のパッケージングで後席も広々。後席に左右独立のリクライニングやスライドも備え、後席も快適かつ実用性が高いのが自慢です。

 そんなハスラーに勝負を挑んだニューカマーがダイハツ「タフト」。2020年6月10日に発表・発売されました。

 タフトはハイトワゴンのパッケージングを持つクロスオーバーSUVとしてはハスラーと共通しています。しかし、同様のキャラクターかといえば決してそうではありませんでした。

 開発者によると「あえていえばハスラーとジムニーの中間のような存在」とのこと。

 そう聞いただけではわかりにくいのですが、実車に接すれば意味がわかります。

 ジムニーほど後席スペースを割り切ってはいませんが、ハスラーほど後席重視でもないのです。

 そのキャラクターの象徴といえるのがリヤシート。ハスラーと違ってスライドやリクライニングはなく、ひざ回りスペースもハスラー未満。後席を快適に使おうと思ったらハスラーに軍配です。

【画像】どっちが良い? 悩ましい似て非なる2台を比べる!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント