超エレガントなマツダ「ロードスター」登場! 白と青でより流麗に 期間限定モデルも設定

マツダの2シーターオープンカー「ロードスター」の内外装に新色が設定されました、期間限定のグレードも追加されています。

ロードスターに期間限定の新グレード設定

 マツダの小型オープンスポーツカー「ロードスター(ソフトトップ)/ロードスターRF(ハードトップ)」が一部改良し、2020年12月10日より発売されました。

新しい内外装色が追加されたマツダ「ロードスター」
新しい内外装色が追加されたマツダ「ロードスター」

 ロードスターは、1989年に初代がデビュー。2人乗り小型オープンスポーツカーとしては異例の110万台以上を世界で販売しています。

 今回の商品改良では内外装色を新たに追加。オープンカーならではの幌とボディ、インテリアのカラーコーディネーションの楽しさが広がりました。

 内装は、滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザーの内装に新色「ピュアホワイト」を設定。明るいトーンでより解放感を高めた空間を演出します。

 ボディカラーは、従来の「エターナルブルーマイカ」に替えて、「ディープクリスタルブルーマイカ」を設定。

 深みのある透明感と鮮やかさを両立した青いボディカラーが、ロードスターのエレガントさを際立たせます。

 さらに、ピュアホワイトのナッパレザーインテリアに加え、走行性能を高める機能部品を装着したグレードとして「RS ホワイトリミテッドセレクション」が設定されました。

 2020年12月10日から2021年3月31日の期間限定で販売され、台数の制限はありません。

「RS ホワイトリミテッドセレクション」は、「RS」グレードをベースとし、ナッパレザーのピュアホワイトシートとブレンボ製ブレーキを装着。

 ロードスターにはRAYS社製鍛造16インチアルミホイールとガラス製リアウィンドー付ソフトトップ(クロス・インシュレーター付)、ロードスターRFにはBBS社製鍛造17インチアルミホイールがそれぞれ装備されます。

 価格(消費税込)は、ロードスターが260万1500円から361万5700円、ロードスターRFが343万9700円から418万2200円です。

マツダ・ロードスター のカタログ情報を見る

【画像】白と青でエレガント! マツダ「ロードスター」が美しい(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー