シエンタSUV出た! トヨタ新型「シエンタクロスオーバー」初公開 歴代初のミニバンSUV

トヨタの台湾総代理店である和泰汽車は、「シエンタ」初のクロスオーバーSUVモデルである新型「シエンタクロスオーバー」を2020年12月7日に発表しました。

トヨタから新型SUVミニバン「シエンタクロスオーバー」登場!

 トヨタの台湾総代理店である和泰汽車は、新型「シエンタクロスオーバー」を2020年12月7日に発表しました。シエンタとして初のクロスオーバーSUVモデルが投入されることになりましたが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「シエンタクロスオーバー」
トヨタ新型「シエンタクロスオーバー」

 シエンタは2003年に初代モデルが登場。2代目モデルとなる現行型シエンタは2015年に日本で販売が開始され、台湾市場では2016年より登場しています。

 乗降性のよい低床設計や後席両側スライドドア、豊富なシートアレンジなどの特徴が台湾のユーザーから評価されているといい、2020年までの累計販売台数は5万6000台を超え、台湾市場の小型MPV(ミニバン)販売で首位を連続して獲得しているといいます。

 今回発表されたシエンタクロスオーバーは、スキッドプレート調のデザインがボディ前後に取り入れられたことをはじめ、随所に専用デザインを採用。ルーフレールも取り付けられ、SUVテイストが高まっています。内装色は、ブラックとブラウンでシックにコーディネートされました。

 足まわりには専用サスペンションが採用され、全高は25mm増加。これにより運転視界が改善されたほか、悪路での走破性も向上しています。

 台湾仕様のシエンタ(通常仕様)には1.5リッターエンジンと、日本仕様にはない1.8リッターエンジンが搭載されていますが、シエンタクロスオーバーは全車1.8リッターエンジンを採用。最高出力140馬力・最大トルク17.5kgmを発揮します。なおハイブリッド仕様の設定はありません。

 安全装備としては、シエンタクロスオーバーには予防安全装備「トヨタセーフティセンス」などが標準装備されました。

 なおシエンタクロスオーバーの登場にともない、通常の台湾仕様のシエンタにも同様に安全装備のアップデートがおこなわれています。

 シエンタクロスオーバーの価格は74万9000台湾ドルから82万9000台湾ドル(日本円換算で約276万円から約306万円)です。通常の台湾仕様のシエンタは64万9000台湾ドルから89万9000台湾ドル(日本円換算で約239万円から約332万円)に設定されています。

※ ※ ※

 日本仕様のシエンタには、フロントグリルやドアハンドルなどにブラック加飾を採用することでアウトドアテイストを高めた特別仕様車「グランパー」が設定されていますが、これまでクロスオーバーモデルは存在しませんでした。

 一方、日本の小型ミニバン市場で競合するホンダ「フリード」にはSUVグレード「クロスター」が存在することから、シエンタクロスオーバーの意匠を取り入れた仕様を日本でも展開すれば、注目を集めるかもしれません。

 ちなみに台湾は右側通行であることから、台湾仕様のシエンタは左ハンドルが採用されています。

トヨタ・シエンタ のカタログ情報を見る

【画像】SUVミニバン誕生! トヨタ新型「シエンタクロスオーバー」を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 絶望的にカッコ悪いw
    が、トヨタが金をかけてない車はよく売れる

  2. モルカー似の丸目で可愛い初期シエンタに戻ってきて欲しい
    歌舞伎の隈取みたいな頬のスジとか要らん、同色になっただけ少しマシだけどまだ痕跡がある
    肥大したグリルの最近よくあるボツボツ模様も集合体みたくて嫌い

  3. どうでもいいけど、トヨタやダイハツの海外専用車のカリヤを100万切って販売してくれ!

  4. あくまで海外使用でのはなし 国内販売しないのであれば画像と仕様のだけで 長い文章はいらない

  5. SUVとは?
    なんでもかんでもSUVってつけりゃ良いってもんじゃねぇだろ。馬鹿なのかな?
    若干テイストをそれっぽくしただけだろ。どの辺がスポーティでユーティリティなのか理解不能。