日産新型「ノート」の燃費は!? 超激戦のコンパクトハイブリッド車燃費TOP5

さすがトヨタといわざるを得ない世界最高レベルの低燃費車とは

●2位 トヨタ「ヤリスクロス」

コンパクトSUVの新基準となりうる実力の「ヤリスクロス」
コンパクトSUVの新基準となりうる実力の「ヤリスクロス」

 トヨタは2020年8月に新型コンパクトSUVの「ヤリスクロス」を発売しました。車名のとおり、同社のコンパクトカー「ヤリス」と同じTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmと、同社のコンパクトSUVの「ライズ」よりもひとまわり大きい印象です。

 外観は「ENERGETIC SMART」をデザインキーワードとし、ヤリスよりもさらにアクティブで洗練されたバランスの良さと、力強いSUVらしさを表現。

 内装は、ドライバーの視線移動を最小限に抑える工夫として、シート、ハンドル、シフトレバーなどを適切に配置し、ディスプレイオーディオを上方に配置するとともに、全グレードに液晶モニターによるデジタルメーターを採用しています。

 搭載されるパワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンと1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドの2種類で、それぞれに2WDと4WDが設定されます。

 ハイブリッド車の燃費は、SUVの常識を超えたクラス世界トップレベルとなる27.8km/Lから30.8km/Lを実現。ボディサイズの近い「C-HR ハイブリッド」の燃費25.8km/Lを大きく上回ります。

 ハイブリッド車の価格は228万4000円から281万5000円です。

●1位 トヨタ「ヤリス」

現在、世界トップクラスの低燃費車に君臨する「ヤリス」
現在、世界トップクラスの低燃費車に君臨する「ヤリス」

 2019年10月に発表され、2020年2月に発売されたトヨタの新世代コンパクトカー「ヤリス」は、「プリウス」を上まわる世界最高クラスの低燃費を実現しました。

 ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmと今回のTOP5ではもっともコンパクトながら、数多くの最新テクノロジーが詰め込まれています。

 外観の印象は「ヴィッツ」から継承するカタマリ感のあるスポーティなフォルムを採用。後席の居住性よりも前席のレイアウトを優先するなど、かなり割り切ったデザインです。

 パワーユニットは1リッター直列3気筒ガソリンに新開発の1.5リッター直列3気筒ガソリン、そして1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドをラインナップ。

 1.5リッターガソリン車には6速MTも設定されるなど、スポーティな走りと高い環境性能を両立しています。

 燃費は前述のとおり世界最高レベルを実現したハイブリッド車で35.4km/Lから36.0km/L、リアタイヤをモーターで駆動する4WDでも30.2km/Lを達成。

 ハイブリッド車の価格は199万8000円から249万3000円と、100万円台からの価格設定も大いに魅力的です。

※ ※ ※

 今回、新型ノートの登場で、さらに激戦が予想されるコンパクトカーですが、燃費という点で存在感が薄れてしまっているのがホンダ「フィット」です。

 クラストップクラスの室内空間と運転のしやすさを前面に押し出したフィットは、新たなハイブリッドシステムを搭載しながらも29.4km/L(e:HEV BASIC)と、わずかに新型ノートを下まわっています。

 直近の2020年10月の販売台数では9001台と7位にランクインしていますが、高額なトヨタ「アルファード」や「ハリアー」に抜かれてしまいました。

 ベーシックカーとして非常に優れたモデルのフィットですが、キラリと光る部分が少ないのも事実で、今後の巻き返しに期待されます。

トヨタ・ヤリス の中古車をさがす

【画像】日産新型「ノート」登場! 激戦コンパクトカー市場の最新モデルを見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント