打倒ヤリス&フィットなるか!? 日産新型「ノート」登場! 競合ライバルに対する強みとは?

日産新型「ノート」が2020年11月24日に発表されました。2017年、2018年、そして2019年と3年連続でコンパクトカー販売台数日本一を記録した注目車種ですが、競合となるトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」とはどのような点が異なるのでしょうか。

3代目へフルモデルチェンジしたノート

 人気コンパクトカーの日産「ノート」がフルモデルチェンジし、3代目となりました。ノートは2017年、2018年、そして2019年と3年連続でもっとも売れたコンパクトカーとなっただけに、コンパクトカー界の勢力図に大きな影響を与えるほどの注目車種。

 果たしてノートの新型は、競合ライバルのトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」とどんな違いがあるのでしょうか。

日産新型「ノート」(写真はAUTECH仕様)
日産新型「ノート」(写真はAUTECH仕様)

 まずはボディサイズですが、新型ノートの車体は全長4045mm×全幅1695mm。対してヤリスは全長3940mm×全幅1695mm、フィットは全長3995mm×全幅1695mmです。

 新型ノートは今回のフルモデルチェンジで全長を55mmも短縮しましたが、それでもライバルよりは全長が長いパッケージングになっています。

 車体が短くなったことで後席足元のゆとりが気になるところですが、新型ノートはホイールベースの20mm短縮などで、従来モデルより狭くなったのは否めません。しかし、フィットを超えてクラス最大の後席スペースとしているのがポイントといえるでしょう。

 また、最上級グレード「X」のみですが、後席にリクライニング調整を組み込んでいるのも新型ノートだけです。

 パワートレインは、新型ノートが思い切った戦略に出た大きな部分。ヤリスやフィットはガソリン仕様とハイブリッド仕様を用意しますが、新型ノートはハイブリッド仕様しか設定がありません。

 全車ともに進化した「e-POWER」を搭載し、エンジンは発電専用として機能。駆動力はすべてモーターが生み出します。

 その影響を受けて車両価格帯は上昇し、139万5000円からのヤリス、155万7600円からのフィットに対し、新型ノートはもっとも安い「S」でも202万9500円というプライスタグ(すべて消費税込)。

「ハイブリッドはいらないから安く購入したい」という人にとっては不利な条件となり得るでしょう。

 エンジンは、フィットが4気筒を積むのに対し、ヤリスと新型ノートは3気筒。ただし新型ノートはエンジンがドライブフィールに与える影響の少ないハイブリッド仕様のみなので、細かい振動など3気筒のネガティブな部分はあまり気にならないといえます(もし純粋なエンジン車であれば質感の面で4気筒が有利)。

【画像】新顔採用! イケメンになった新型「ノート」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント