日産新型「ノート」発表! 全車「e-POWER」搭載で発進! 「加速」以外に「減速」も進化?

日産は、2020年12月23日に新型「ノート」を発売すると同年11月24日に発表しました。全車が第二世代の「e-POWER」仕様となりましたが、どのように進化したのでしょうか。

第二世代のe-POWERを搭載した新型「ノート」

 日産は、2020年12月23日に新型「ノート」を発売すると同年11月24日に発表しました。同社の主力コンパクトカーとしてラインナップされているノートは、今回のフルモデルチェンジで全車が電動パワートレイン「e-POWER」仕様となり、ガソリン仕様は消滅しています。

日産新型「ノート」(写真はAUTECH仕様)
日産新型「ノート」(写真はAUTECH仕様)

 e-POWERは、先代モデルとなる2代目ノートから搭載が開始された電動パワートレインで、エンジンは発電に用いて、モーターでタイヤを駆動します。これにより、燃費の向上だけでなくモーター駆動ならではの気持ち良い加速感を楽しめるのが特徴です。

 新型ノートに搭載されるe-POWERは、モーターとインバーターが刷新された第二世代のシステムとなります。

 1.2リッター直接3気筒エンジンを発電に用いて、先代モデルから出力を6%、トルクを10%向上させたモーターで走行。モーターの最高出力は116馬力を発揮します。

 インバーターは、第一世代よりも40%小型化し、また30%軽量化。エンジンの効率も高めたことで、加速性能のみならず燃費向上も実現しました。WLTCモード燃費は28.4km/Lから29.5km/Lとなっています。

 また、アクセルペダルを緩めるだけで加減速ができるワンペダルドライブも進化。減速性能をチューニングしたことで、よりなめらかな速度調節を可能としました。

 それではここでクイズです。

 新型ノートの魅力のひとつでもある、ワンペダルドライブの正式名称はどれでしょうか

【1】e-POWER Drive

【2】e-Pedal

【3】エコペダル

【4】シリーズハイブリッド

※ ※ ※

 正解は【1】の「e-POWER Drive」です。

 e-POWER Driveは、アクセルを戻すと一般的な内燃機関のクルマのように減速するNORMALモードに対し、強く減速する走行モードです。

 渋滞時やカーブの多い道路など、加減速が頻繁に必要なシーンでアクセル・ブレーキペダルの踏みかえを減らすことで、運転時のストレスを軽減します。

 ちなみに、【2】の「e-Pedal」は日産の電気自動車「リーフ」に搭載される機能で、e-POWER Driveと同様にアクセルペダルのみでの速度調節を可能としています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

日産・ノート のカタログ情報を見る

【画像】超スポーティな外観に全面刷新! 新型「ノート」実車を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント