全面刷新もなぜほぼ一緒? N-ONEとハスラーは2代目でも見た目を維持する狙いとは

クルマのフルモデルチェンジでは、基本的に「変わり映え」を求めることから、外観デザインを大きく変更することが定番です。しかし、ホンダ新型「N-ONE」やスズキ「ハスラー」などでは、先代モデルから見た目を大きく変えていません。なぜ、同じフルモデルチェンジでも差があるのでしょうか。

N-ONEとハスラーが見た目ほぼ変わらないワケ

 ホンダは、2020年11月19日に新型軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジを実施し、2代目モデルとなりました。
 
 通常、フルモデルチェンジでは外観デザインが先代モデルから大きく変更されますが、なぜN-ONEはパッと見では大きな変化はなかったのでしょうか。

ホンダ「N-ONE」とスズキ「ハスラー」は先代モデルと見た目は似ている。その理由とは?
ホンダ「N-ONE」とスズキ「ハスラー」は先代モデルと見た目は似ている。その理由とは?

 フルモデルチェンジという商品力を高める手法は、米国の自動車メーカーであるゼネラルモーターズ(GM)から始まったといわれています。

 外装や内装、車内設備を一新した同車種の新型モデルを出すことで、ユーザーの購買意欲を高めて販売促進に繋げるもので、クルマに限らずさまざまな製品でも同様の手法はおこなわれています。

 現代で例えると、最新のスマホを持っている人を見ると自分もつい欲しくなる、といった消費者心理へのアプローチに似ています。

 では、なぜ新型N-ONEは、外観デザインを先代モデルから大きく変更しなかったのでしょうか。

 N-ONEは、1967年に発売されたホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフに、Nシリーズの基本思想である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」というコンセプトを受け継いで開発されました。

 初代モデルは2012年に登場し、同年度には5万5309台を販売、翌2013年度は8万2791台を販売。

 今回のフルモデルチェンジでは、初代モデルから支持されている「丸・四角・台形」を基本の形を大きく変更していません。

 しかし、細かな部分では、外形に沿ったリング型のランプに軽自動車初のLEDデイタイムランニングランプを採用することで、昼間の走行時の視認性を向上。ウインカー使用時にはリングが点灯するなど、N-ONEを象徴するフロントフェイスをより一層磨き上げています。

 新型N-ONEのデザインについて、担当者は次のように説明しています。

「N-ONEは先代のデザインが大変好評でした。かつてのN360の思想を受け継いでおり、今回の新型でもその思想や先代で高評価を頂いた部分を残しつつ、細かな部分で最新機能やトレンドを取り入れています。

 もちろん、最初から先代と同じデザインにすると決まっていた訳でなく、色々な方向性のデザインコンセプトが作られたなかで、最終的に商品化に至ったのがこのデザインなのです」

 また、2020年1月に発売されたスズキの2代目「ハスラー」も先代から大きくデザインを変更していません。

 これついて、スズキは「スクエアなボディや遊び心のあるデザインが好評だったことや、軽SUVといわれるジャンルの先駆けだったこともあり、見た目は大きく変えていません。ただし、機能面や使い勝手においては、現在のニーズを反映しています」と説明しています。

※ ※ ※

 これらの外観デザインを先代モデルから大きく変えない背景について、国産メーカー系の元デザイン関係者は次のように説明しています。

「好評だったデザインを変えるというのは、とても決断力がいることです。

 過去にも、デザインを大幅変更したことで販売低迷したモデルも多くありました。

 とくに、軽自動車では、ボディサイズの規格が決まっているため、制限のなかでデザインする必要があるのと、軽自動車のような大衆モデルでは、親しみやすさが重要です。

 さらに、デザインが良いことはもちろんですが、デザイン性よりも機能や使い勝手、価格などにユーザーの関心が高いこともあるため、一度評価を受けたデザインを継承して、それ以外の魅力を増すことに注力するのです」

【画像】新旧どう変化? 実はスゴい変わった様子を見比べる!(66枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント