スズキがインドで「アルト」、「セレリオ」、「ワゴンR」に特別仕様車を追加! 日本仕様との違いとは!?

スズキのインドの子会社であるマルチスズキが、「アルト」、「セレリオ」、「ワゴンR」にインドのお正月にあたる「ディワリ」のシーズンを盛り上げる「フェスティバルエディション」を追加しました。いったいどのようなクルマなのでしょうか。

インドでは、アルト、ワゴンR、セレリオがエントリーセグメントの75%を独占

 スズキのインド子会社であるマルチスズキは2020年11月12日、「アルト」、「セレリオ」、「ワゴンR」の特別仕様車「フェスティバルエディション」を発表しました。

 同特別仕様車は、インドのお正月にあたる「ディワリ」のシーズンを盛り上げるモデルです。

スズキ「セレリオ」フェスティバルエディション
スズキ「セレリオ」フェスティバルエディション

 マルチスズキのエグゼクティブ・ディレクター(マーケティング&セールス)であるシャシャンク・スリバスタヴァ氏は、次のように述べています。

「エントリーカーセグメントは今年、需要が急増しました。マルチスズキの主力商品であるアルト、ワゴンR、セレリオは、エントリーセグメントの75%を占め、エントリーセグメントカーの復活を牽引しています。

 私たちは、もっとも売れているクルマのフェスティバルエディションを発売することに興奮しています。

 これらの特別仕様車は、ルックス、スタイル、そして快適さでお祭りへの熱意をかき立てます。

 さらに、すべてのモデルは専用アクセサリキットを装着することで、この特別仕様車に、独自のスタイルを反映することができます。」

 アルト、セレリオ、ワゴンRは、ユーザーの変化する需要に応えるために絶えず進化を続け、インド全土の何百万もの家族から絶大な支持を得てきました。

 アルトのフェスティバルエディションは、良好な快適さとスタイリングを提供。

 内装ではパイオニアのタッチスクリーンミュージックシステムや、6インチのケンウッドスピーカー、セキュリティシステム、エレガントなデュアルトーンシートカバー、ステアリングホイールカバーなどが含まれています。

 セレリオのフェスティバルエディションは、運転の快適さとモダンなルックスをさらに発展させました。

 Bluetoothを備えたソニーの2DINオーディオや、スタイリッシュなシートカバー、魅力的なピアノブラックのボディサイドモールディング、デザイナーマットを備え、人気の高いスタイルとテクノロジーを追加しています。

 ワゴンRのフェスティバルエディションには、フロントとリアバンパープロテクターや、スタイリッシュかつ大胆な印象のフロントアッパーグリルクロームガーニッシュ、サイドスカート、スタイリッシュなシートカバー、インテリアスタイリングキットなどが装着されています。

※ ※ ※

 今回フェスティバルエディションが追加された3台のうち、アルトとワゴンRは日本でもおなじみのクルマですが、インド仕様は日本仕様と大きく異なるモデルです。

 具体的にはどんなモデルなのか、紹介します。

【画像】インド スズキがラインナップする軽自動車ベースのクルマを見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント