まだ人気のトヨタ「アクア」 ヤリス&フィット登場でも堅調? 9年目の実力はいかに

コンパクトハイブリッドカーとして2011年に登場したトヨタの「アクア」は、圧倒的な燃費性能の良さと、広い室内空間が特徴です。では、実際のオーナーはどこを評価しているのでしょうか。

低価格で低燃費のアクアはコスパ重視の人におすすめのクルマ

 トヨタ「アクア」は、コンパクトなボディに「プリウス」で培われたハイブリッド技術を搭載したモデルです。
 
 最近では、後発モデルのトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」などの登場により、影が薄れているものの堅調な販売を見せています。

9年目のアクア。オーナーが語るその魅力とはなんなのでしょうか。
9年目のアクア。オーナーが語るその魅力とはなんなのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売台数ランキングによると、2020年度上半期(4月から9月)では14位を記録しています。

 コンパクトカージャンルでは、同ランキング1位のヤリスや、4位のフィットに販売台数で差を付けられている状態です。

 しかしアクアは、2011年の登場以来、2013年から2015年では連続して年間ランキングで首位に輝いていたほか、9年目を迎える現在でも安定して上位にランクインするなど、根強い人気を誇っています。

 パワートレインは、全車1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド車となり、トヨタのハイブリッドシステム「THS II」を採用。カタログ燃費はWLTCモードで27.2km/Lから29.8km/Lです。

 アクアは2011年の発売以来、フルモデルチェンジをしていません。しかし、発売時から完成度が高く、幾度とマイナーチェンジを繰り返しながら、年々熟成が進んでいるモデルです。

 また、特別仕様車やグレードの追加によりバリエーションも増え、幅広いオーナーのニーズに応えるモデルでもあります。

 現在アクアのグレードは、エントリーグレードの「L」、コストパフォーマンスに優れた「S」、上位グレードの「G」、クロスオーバースタイルの「Crossover」、スポーツタイプの「GR SPORT」の5種類で、価格は181万8300円から261万300円です。

 スポーツグレードである「GR SPORT」は、専用のサスペンションやブレーキキャリパーが採用されているため価格が高くなっていますが、それ以外のグレードは200万円前後と、ハイブリッド車のなかでもかなり低価格に設定されているのは、アクアの大きな強みとして考えられます。

 また、「S」グレードには、内外装の質感を向上させた「Style Black」、ミラーやホイールのカラーを変更した「GLAMPER」、ビジネスシーンでの使い勝手を考慮した「Business Package」と、3種類の特別仕様車が設定されているため、ユーザーのニーズに合ったグレードを見つけやすい点も支持されているようです。

【画像】燃費トップ5にアクア、ノートも無し! 国産車の最新燃費ランキング(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント