トヨタ「RAV4」人気は健在!? ヤリクロ&ハリアーに隠れるも光る魅力とは

日本市場から一時期姿を消していたトヨタ「RAV4」ですが、2019年4月に約3年ぶりの日本市場復活を果たしています。発売後は、瞬く間に人気SUVに返り咲きました。そんなRAV4の魅力とはどのような部分なのでしょうか。

高級志向のハリアーに対し実用性で勝負のRAV4

 2019年4月にに5代目となって登場したトヨタの「RAV4」は、デザインのインパクトだけでなく、実用的なクルマとしてSUVジャンルを大きく引っ張る存在です。
 
 では、実際のオーナーは、どこが気に入り、どこがイマイチと思っているのでしょうか。

2019年に約3年ぶりの日本市場復活を果たしたRAV4。現在では、ライズ・ヤリスクロス・ハリアーなどのトヨタ内SUVに販売台数こそ負けるものの存在感は負けていない。
2019年に約3年ぶりの日本市場復活を果たしたRAV4。現在では、ライズ・ヤリスクロス・ハリアーなどのトヨタ内SUVに販売台数こそ負けるものの存在感は負けていない。

 初代RAV4は、5ナンバーサイズのコンパクトなクロスオーバーSUVとして1994年に登場しましたが、北米市場へシフトするため、2代目から3ナンバーサイズになりました。

 そして、世界200カ国以上で販売されるグローバルモデルに成長し、2016年には、「カローラ」「ハイラックス」に次いで3番目に世界で売れているトヨタ車となりました。

 4代目は国内モデルは発売されませんでしたが、現行モデルである5代目から、再び国内販売を再開しています。

 日本自動車販売協会連合会が発表した登録車販売台数ランキングによると、2020年度上半期(4月から9月)は全体で15位と、SUVのなかでは同社「ヤリスクロス(ヤリスに含まれる)」「ライズ」「ハリアー」に次いで4位と上位にランクイン。

 RAV4は、スタイリッシュなデザインの「都会派SUV」とは違い、SUVらしいワイルドな印象を残したデザインのため、差別化に成功。ライバルのホンダ「CR-V」や日産「エクストレイル」などと比べ、販売台数で大きく差を付けています。

 パワートレインは、2リッターのガソリン車と、2.5リッター+モーターのハイブリッド車を設定。WLTCモード燃費性能はガソリン車が15.2km/Lから15.8km/L、ハイブリッド車が20.6km/Lから21.4km/Lとなります。

 RAV4の特徴的な部分として駆動方式が挙げられます。RAV4には2WDと3タイプの4WDシステムを採用。ひとつは「ダイナミックトルク4WD」という従来型の電子制御式前後トルクスプリット型のシステムです。

 ふたつめは「E-Four」という前後2つのモーターを使ったハイブリッド4WD。そしてみっつめが、世界初のメカニズムを採用した「ダイナミックトルクベクタリングAWD」です。

 グレード体系は、エントリーモデルの「X」や上級グレードの「G」、19インチホイールが装備された「G”Zpackage”」、よりオフロード車らしいデザインの「Adventure」の4種類を設定。一方、ハイブリッド車は「HYBRID X」「HYBRID G」の2種類が設定されています。

 また、2020年6月から「RAV4 PHV」が販売されており、ベースとなるRAV4のハイブリッド車にプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたモデルで、最高出力306馬力を誇り、フル充電の状態であればEV走行で最長95kmの走行が可能です。

 価格は、ガソリン車が274万3000円から353万9000円、ハイブリッド車が334万3000円から402万9000円、プラグインハイブリッド車が469万円から539万円です。

 また、2020年10月2日には、最低地上高をベース車比で10mmアップした特別仕様車「 Adventure“OFFROAD package”」を発売。

 専用サスペンションや18インチ専用アルミホイール&オールテレインタイヤ装着している同モデルは、発売後ユーザーから問合せが殺到しているといいます。

【画像】RAV4七変化!? バディからアクロス…凄すぎRAV4を見る!(46枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント