ホンダeは車じゃない!? ガジェット感覚で購入も 車の価値観に変化あり?

ホンダが2020年10月31日に発売した同社初の量産小型電気自動車「ホンダe」がクルマをよく知らない人からも話題になっているといいます。なぜ、ホンダの電気自動車が注目されているのでしょうか。

弱点はあれど、それを超えるデザインと走りが大好評

 2020年10月31日、ホンダから新型電気自動車「ホンダe」が発売されました。同社初の量産電気自動車となるため発売前から多くの注目を集めていましたが、実際の販売状況や、ユーザーの反応はどうなっているのでしょうか。

ホンダeはクルマじゃない!? 最新ガジェット感覚で購入する人も存在!
ホンダeはクルマじゃない!? 最新ガジェット感覚で購入する人も存在!

 ホンダeは、2020年8月27日に発表され、同日から第一期の受注を開始しましたが、わずか11日後の9月7日に初期生産台数分が完売したことで、第一期の受注を終了していましたが、11月5日から第二期の受注を開始しています。

 待望の受注再開となりましたが、ユーザーからの反応はどうなっているのでしょうか。

 ホンダeは、「都市型コミューター」として、シンプルでモダンなデザインと、力強いクリーンな走りや取り回しの良さ、多彩な先進機能を搭載しました。

 外観デザインは円を基調とし、見せる要素と隠す要素が明確化されたシンプルでモダンなデザインが特徴です。ホンダ車が世界で認められるきかっけとなったとされる、初代「シビック」の面影があるフォルムとなっています。

 大きな特徴として、後方視界を撮影することで車内のディスプレイに表示する「サイドカメラミラーシステム」を量産車として世界で初めて標準装備したことで、ドアミラーが装着される部分にはカメラユニットを搭載。

 ドアノブが収納式になっていることも相まって、サイドのデザインはよりフラットになり、全体的な「丸さ」を助長しています。

 インテリアでは、5つのスクリーンを水平配置した世界初の「ワイドビジョンインストルメントパネル」を採用。

 また、リビングテーブルのようなぬくもりを感じる自然な風合いのウッドパネルを採用したほか、スイッチ類を極限まで減らすことで、シンプルなデザインと人に優しい操作性を実現しています。

 駆動方式は、車体後部のモーターによる後輪駆動(RR)を採用。現在、ホンダの普通乗用車は前輪駆動(2WD)もしくは4WDの設定しかなく後輪駆動はありませんので、Honda eはFRスポーツカーの「S2000」以来の後輪駆動車となっています。

 グレードは、ベースタイプと「Advance」の2タイプがあります。新車価格は、ベースタイプが451万円、Advanceが495万円です。

 最高出力は、ベースタイプが136馬力、Advanceが154馬力で航続距離(WLTCモード)は、ベースタイプが283km、Advanceが259kmとなっており、昨今の電気自動車よりは短いといえます。

 加えて、NORMALとSPORTのふたつの走行モードやシングルペダルコントロールなど、ドライバーの好みやシーンに合わせた走りの設定を可能としました。

 最小回転半径は4.3mと、約6mの片側1車線の道路でもUターンできる小回り性能を実現し、街中でも取り回しやすいです。

【画像】最新ガジェット! ホンダe凄すぎポイントを見る!(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント