待望のスポーツセダン登場! レクサス新型「IS」発売 熟成度が増したモデルに刷新

コンパクトFRスポーツセダンのレクサス新型「IS」がマイナーチェンジ!走行性能を大幅に向上させた熟成モデルとして登場しました。新型ISでは、どのような部分が進化しているのでしょうか。

これは良い! 新型ISがマイナーチェンジで熟成モデルに

 レクサスは、2020年6月に世界初公開した同社コンパクトFRスポーツセダンの新型「IS」を同年11月5日に発売しました。
 
「クルマを操る楽しさ」を追求士し続け熟成された新型ISはどのような進化を遂げているのでしょうか。

レクサスが誇るコンパクトFRスポーツセダンの新型「IS」
レクサスが誇るコンパクトFRスポーツセダンの新型「IS」

 1999年に登場した初代IS以来、コンパクトFRスポーツセダンとして進化し続けてきたモデルで、現行ISはグローバルで3代目にあたり2013年に登場しています。

 運動性能の高さとスポーティなデザインが評価され、20年以上に渡って累計約110万台をグローバルで販売しました。

 マイナーチェンジを遂げた新型ISの外観デザインは、新開発の小型軽量ランプを搭載した薄型ヘッドランプを採用。

 低く構えたグリル周りとそれに合わせて下げたサイドのキャラクターライン、トランク後端の造形で重心の低さを表現しました。

 ボディサイズは、全長4710mm(+30mm)×全幅1840mm(+30mm)×全高1435mm(+5mm)と、マイナーチェンジ前よりも拡大しているものの、ホイールベースは2800mmと同じです。

 フェイスデザインを印象付ける新意匠のスピンドルグリルは、グリル先端を起点に立体的な多面体構造とすることで押し出し感を強調。

 スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせ、スポーティな印象としました。 

 リア部分では、L字をモチーフにした横一文字のリアコンビネーションランプと立体的なバンパーガーニッシュを採用することで、スタイリッシュなデザインを実現しました。

 スポーティグレードとなる“F SPORT”では専用のFメッシュパターンを採用。グリルロア部のエアインテーク、専用19インチアルミホイール、リアスポイラーなどを専用装備。

 内装は、新型ISのマルチメディアシステムとしてタッチディスプレイを新採用。Apple CarPlayやAndroid Autoへの対応に加え、10.3インチワイドディスプレイで画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が向上しました。

 内装の各部分に有彩色を設定してツートンカラーにすることで、左右方向の広がりを強調。ドアトリムの一部にレクサスの新たな加飾表現となるエンボスラインを交差させたグラフィックパターンを採用しています。

【画像】これが新型IS!? 度肝を抜く美しきセダンを見よ!(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント