コンパクトSUVにもフランスの味! シトロエン「C3エアクロスSUV」に乗ってみた

2019年に日本に上陸したシトロエン「C3エアクロスSUV」は、Bセグメントモデル「C3」をベースにしたコンパクトSUVだ。久しぶりに乗ってみた。

シトロエンSUVラインナップのなかで最小のポップなモデル

 2020年は新型コロナウイルスによる影響で、輸入車の販売は苦戦している。2020年1月から9月の累計では、外国メーカー車の累計台数は18万2503台と、前年同期比で79.7%。ここ数か月はようやく持ち直してきつつあるとはいえ、厳しい状況は変わらない。

 ほとんどのブランドが前年同期比でマイナスとなっているなか、こんな状況下でも前年よりも台数を伸ばしているブランドも少ないながら存在する。

 そんなブランドのひとつが、シトロエンだ。2020年1月から9月の累計台数は3179台、前年同期は3041台だから、このコロナ禍でも104.5%と増加しているのだ。

 シトロエン好調の理由が、SUVラインナップの充実ぶりだという。今回は、シトロエンSUVのなかで最小のモデル「C3エアクロスSUV」に乗った。

シトロエン「C3エアクロスSUV」。独特のフロントマスクが人気だ
シトロエン「C3エアクロスSUV」。独特のフロントマスクが人気だ

 C3エアクロスSUVは、いま世界的に人気の「Bセグメント・コンパクトSUV」というジャンルにあてはまるモデルだ。トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」、輸入車でいえばフォルクスワーゲン「Tクロス」やプジョー「2008」、ルノー「キャプチャー」など、そうそうたるライバルがひしめくジャンルになる。

 C3エアクロスSUVは、その名のとおりシトロエンのコンパクトモデル「C3」をベースに開発されている。

 そもそも、ベースとなるC3自体がSUVデザインをふんだんに採り入れた外観なのだが、C3エアクロスSUVはルーフレールやアルミのアンダーガードなどで、よりSUVらしさを強調しているのが特徴だ。

 C3エアクロスSUVは全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mm、ホイールベースは2605mmと、C3と比較すると全長で165mm、全高は135mm、ホイールベースは70mmそれぞれ大きくなっている。

 これにより、C3では300リッターの荷室容量は、C3エアクロスSUVでは410リッター、後席スライドをいちばん前にすると520リッターへと広がっている。また助手席シートバックを折りたたむと2.4mの長尺ものまで積載することが可能だ。

 搭載エンジンは、プジョー/シトロエン/DSのモデルではおなじみとなった1.2リッター「ピュアテック」直列3気筒ガソリンターボ。110馬力/205Nmを発生するエンジンは、アイシンAW製6速ATと組み合わされ、WLTCモード燃費は14.7km/Lを誇る。

 グレードは「FEEL(フィール)」と「SHINE(シャイン)」の2種類。車両価格はフィールが267万円(消費税込。以下同)、シャインが282万円。またパノラミックサンルーフやグリップコントロール、17インチアルミホイール、オールシーズンタイヤが着いたパッケージオプション「シャイン パッケージ」は、シャインにプラス23万4000円となる。

【画像】ポップなデザインがかわいい! C3エアクロスSUVを画像で見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント