アメ車顔のミツオカ版「RAV4」爆誕!? 新型「バディ」はデキる個性派SUV?

ミツオカは、2020年10月29日に新型SUV「バディ」の外観デザインを公開しました。個性溢れるミドルサイズSUVの発表に、期待が高まります。

新型バディはガソリン車とHV車の2本立てで登場

 ミツオカは、2020年10月29日に新型SUV「バディ」の外観デザインを公開しました。レトロなアメリカ車のような大胆な意匠のフロントグリルが与えられた新型バディは、同社初のSUVで、トヨタ「RAV4」をベースにしていると見られます。発表は11月26日の予定です。

ミツオカ新型「バディ」(画像:ミツオカ公式ウェブサイトより引用)
ミツオカ新型「バディ」(画像:ミツオカ公式ウェブサイトより引用)

 新型バディは「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」がコンセプトのミドルクラスSUVで、ボディサイズは全長4730mm×全幅1860mm×全高1685mm。ガソリン車とハイブリッド車の2仕様をラインナップします。

 ガソリン車は2リッターガソリンで、「20LX」「20DX」「20ST」の3グレードを用意。20STのみ2WDと4WDが選択できますが、ほかのグレードは4WDのみとなります。

 ハイブリッド車は2.5リッターガソリン+モーターで、「HYBRID DX」と「HYBRID ST」の2グレードを展開。HYBRID DXはE-Four(電気式4WD)のみの設定で、HYBRID STは2WDとE-Fourが選択できます。ボディカラーは全18色です。

 RAV4のパワートレインを搭載していると見られる個性派SUV・新型バディは、発表日の11月26日から先行予約の受け付けが開始されます。

※ ※ ※

 トヨタが2019年4月に発売した現行型RAV4は、3種類の4WDシステムが設定されています。同一車種に3種類の4WDシステムが用意されることは珍しく、発売当時話題となりました。

 それではここでクイズです。

 RAV4に設定される3種類の4WDシステムのなかで、世界初採用の機構が搭載された4WDシステムの名称はどれですか。

【1】クロスオクタゴン

【2】ダイナミックフォース4WD

【3】E-Four

【4】ダイナミックトルクベクタリングAWD

※ ※ ※

 正解は【4】の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」です。

 ダイナミックトルクベクタリングAWDは、走行状況に合わせて前後トルク配分を変化させることに加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を搭載。これにより、走行安定性と旋回性能を高い次元で両立します。

 4輪駆動が不要な時に動力伝達を切断することで燃費向上を図るディスコネクト機構も採用され、経済性にも配慮されています。

 まだすべての情報が明らかになっていない新型バディですが、搭載される4WDシステムにも注目です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

【画像】爆売れなるか!? ミツオカ初SUV 新型「バディ」を画像で見る(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント