700馬力の日産最強「ジュークR」 限定5台のラスト1台がお得な3700万円!

日産「GT-R」のパワートレインを載せた限定5台の超希少車「ジュークR」の1台を、ドイツの中古車販売店で見つけました。

最高出力700馬力まで引き上げられたジュークR

 日産が世界に誇るスポーツカー「GT-R」のパワートレインを、コンパクトSUVである「ジューク」に載せて開発されたのが「ジュークR」です。
 
 限定5台という超希少車であるため、なかなかお目にかかれませんが、今回ドイツの中古車販売店で販売されている1台を見つけました。

かつて日産がGT-Rのパーツを多用して開発した「ジュークR」。今回販売されているのはさらにカスタマイズされているモデル
かつて日産がGT-Rのパーツを多用して開発した「ジュークR」。今回販売されているのはさらにカスタマイズされているモデル

 見るからに奇抜なクルマともいえるこのジュークRは、2011年10月4日に日産の欧州法人が「ジューク-Rプロジェクト」として展開したもので、限定5台を販売しています。

 しかも今回売りに出されているものは、イギリスのチューニングメーカー「サヴァーン・ヴァレー・モータースポーツ」が、ジュークRのエンジンをさらにチューニングした特別なモデルです。

 エンジンはGT-Rに搭載されている「VR38DETT」エンジンをベースに、SVM製1050ccインジェクターや専用のインテーク、エキゾーストシステムなどでチューニングし、最高出力は700馬力まで引き上げられたものです。

 通常のジュークRは、最高出力545馬力となりますので、さらに大幅な馬力アップに成功していることがわかります。

 元々コンパクトSUVのジュークにV6ツインターボエンジンを搭載したため、エンジンルームを見ると、ギチギチに詰め込まれているのがわかります。

 しかし、ただ単にエンジンが入れば良いというものでもありません。適切な前後重量配分を得るために、ジュークRもGT-Rのようにフロントミッドシップレイアウトが採用されています。

 可能な限りエンジンを中央に寄せられるのは、トランスミッションを後方に搭載する「トランスアクスル方式」が採用されているからです。

 ちなみにミッションは6速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が採用され、フォーミュラカーのようにハンドル裏に備え付けられたパドルで変速します。

 エクステリアは、ジュークの特徴的なデザインを活かしつつ、700馬力のエンジンパワーを持て余すことがないよう、さまざまな工夫を凝らしています。

 フロントバンパーはV6ツインターボエンジンを効率よく冷却するため、開口部を大きく広げています。また、GT-Rのボンネットにも採用されている「NACAダクト」もしっかり引き継がれました。

 さらに、200km/hオーバーでも車体が安定するように、車体のいたるところにエアロパーツが装着されており、もっとも大きなエアロパーツであるリアスポイラーは2分割タイプを採用。これによって、リア周りもスパルタンな印象が与えられています。

 ベースがコンパクトSUVであるため、ほかのスポーツカーと比べるとホイールベースが短く、クイックに旋回できることから、コンパクトなサーキットであればスーパーカークラスのタイムを叩き出せるポテンシャルがありそうです。

【画像】3700万円のジュークR!? 700馬力超えのモンスターマシンを見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 金があればほしいが、後の管理が難しいわな。
    あと車検通るかね?

  2. >>助手席のシート下には消化器が設置されており

    毎度毎度だけど、書きっぱなしじゃなく見直し、遂行しましょう。
    説得力がなくなります。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. こう言うcompactrocket的な車は好きなんだけど、
    今となっては内装も外観も古いし、価格に見合った車になっていないのでメーカーで新しく一から作り直して売り出してもらいたい。(Mach-Eに勝てる様な)

  4. ジョーク という名前で売り出して欲しかった。