今では滅多に見られない珍車!? 意外とイケてた2ドアクーペ3選

現在、国内市場では極端に数を減らしてしまったのが、2ドアクーペです。クーペは1990年代まで、若い世代を中心に人気でしたが、使い勝手のよいクルマへと人気が移行し、もはや風前の灯火です。そこで、かつて販売していた2ドアクーペのなかから意外とスタイリッシュなモデルを、3車種をピックアップして紹介します。

いまでは珍車の2ドアクーペを振り返る

 近年、ミニバン、コンパクトカー、SUVの人気は定番となっており、反対に数を大きく減らしてしまったのが、2ドアクーペです。

いまでは激減してしまった2ドアクーペたち
いまでは激減してしまった2ドアクーペたち

 かつては、若い世代を中心に、3ドアハッチバックと2ドアクーペは、人気を二分する存在でしたが、やはり使い勝手の面では4ドアのモデルにはかなわず、2000年代には一気に減少してしまいました。

 そこで、かつて販売していた2ドアクーペのなかから、いまでは激レアながら見直してみるとスタイリッシュなモデルを、3車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「カレン」

スタイリッシュなモデルながら一代限りで消えた「カレン」
スタイリッシュなモデルながら一代限りで消えた「カレン」

 現在、トヨタは「86」をラインナップし、数少ないコンパクト2ドアクーペの火を絶やしていませんが、かつては「カローラレビン/スプリンタートレノ」に代表されるスポーツモデルから、「ソアラ」といったラグジュアリーなモデルまで、数多くのクーペが存在。

 なかでもスタイリッシュさに磨きをかけたモデルが、1994年に登場した「カレン」です。

 カレンは6代目「セリカ」の海外向けに設定されていたノッチバッククーペをベースに、フロントフェイスをセリカと異なるデザインに変更し、日本国内向け専用モデルとして開発されました。

 4つの異形丸型ヘッドライトを特徴とするセリカに対し、カレンはコンビネーションランプと薄型のフロントグリルによりスポーティかつエレガントなデザインを採用。

 全体のフォルムも3代目ソアラを凝縮したような、美しいフォルムとなっています。

 搭載されたエンジンは発売当初は全車2リッター直列4気筒で、後に1.8リッター車が追加。トップグレードには180馬力を発揮するスポーツユニットの「3S-GE型」エンジンを設定しましたが、セリカのようにターボエンジン+4WDは設定されず、過激な走行性能は与えられていません。

 一方で、4輪操舵や高性能なスーパー・ストラット・サスペンションが設定されるなど、ハンドリングにはこだわっていました。

 しかし、クーペ不遇の時代の到来もあり、フルモデルチェンジされることなく1999年に一代限りで生産を終了。現在、中古車でも滅多にお目にかかれません。

●日産「ルキノクーペ」

実用性を重視しながらもスタイリッシュなフォルムの「ルキノクーペ」
実用性を重視しながらもスタイリッシュなフォルムの「ルキノクーペ」

 日産「ルキノクーペ」は、1994年から1999年まで販売されていたコンパクト2ドアクーペで、同社のセダン8代目「サニー」をベースに開発されました。

 もともとサニーにはクーペが設定されていましたが5代目を最後に消滅したため、ルキノクーペは独立した車種として誕生。

 ボディサイズは全長4285mm×全幅1690mm×全高1375mmと、コンパクトながらもホイールベースが2535mmと長めで、クーペとしてはリアシートの居住性が高いのが特徴です。

 また、トランク容量が大きいことからも、スポーティさよりも実用性が重視されたモデルといえます。

 搭載されたエンジンは1.5リッターと1.8リッター直列4気筒で、1.8リッターでも最高出力140馬力とスペック的には平凡な値ですが、1トンほどの軽量な車体には十分なパワーでした。

 しかし、やはりクーペ人気の低迷から1999年に生産を終了。カレンと同様で中古車市場でもほとんど流通しておらず、かなりのレアモデルです。

日産・ルキノ の中古車をさがす

【画像】今見てもイケてるじゃん! 往年の2ドアクーペを見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント