金ピカ「GT-R」がヤバ過ぎる! 石油王用のド派手モデルが4500万円超え!

日産「GT-R」といえば、世界に誇る国産スーパースポーツカーです。2007年の登場後も常に改良が施され、進化し続けているモデルですが、お金持ちが多い中東・ドバイでは眩しすぎて直視出来ないほどの金ピカGT-Rが存在するといいます。

「スカイライン」の名を捨て、真のスーパースポーツカーへ

 世界に誇る国産スーパースポーツカーといえば、日産「GT-R」はその筆頭でしょう。そんなGT-Rを金、金、金ピカに仕上げた超ド派手モデルがドバイで発見されました。

超ド派手な金ピカGT-R。その値段は4500万円超え! 外装は細かく彫刻(エッチング)が施されている(Copyright c JamesEdition.com)
超ド派手な金ピカGT-R。その値段は4500万円超え! 外装は細かく彫刻(エッチング)が施されている(Copyright c JamesEdition.com)

 GT-Rは、それまでは日産「スカイライン」のスポーツグレードに与えられる名でしたが、2007年に発売されたR35型は、史上初めてスカイラインの名を冠さず、シンプルにGT-Rとして世に送り出されました。

 R35という型式名こそ、先代のR34型の後継車であることを示していますが、そのコンセプトは大きく変わり、ワールドクラスのパフォーマンスを持ったスーパースポーツカーへと変貌を遂げたのです。

 心臓部に搭載されるのは、職人の手によって作られる3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン。

 発売当初のモデルで、最高出力は480馬力、最大トルクは60.0kg・mと日本車離れしたパフォーマンスを有していました。

 そして最高速度は300km/hを楽に超えるなど、海外の高級スポーツカーに匹敵するパフォーマンスを誇っていたことで、大きな話題を呼びました。

 その後改良を重ね、現在販売されているモデルは、最高出力570馬力、最大トルクは65.0kg・mへと引き上げられています。

 そんな「ジャパニーズ・スーパーカーの雄」ともいえるGT-Rは、日本のみならず海外でも人気を集めています。

 それまでのスカイラインGT-Rは、基本的に日本国内専用モデルであったことから、海外で購入することは至難の業です。

 しかし、グローバルでR35型GT-Rが販売されたことで、アジアや北米などを中心に多くのGT-Rが輸出されていきました。

 GT-Rの人気が高い地域のひとつに中東があります。砂漠が多いという過酷な道路環境に耐えうるクルマとして、元々日本車の需要が高い地域ではありました。

 さらに近年の経済成長の結果、都市部を中心にインフラも整備されたことと、多くの富裕層が住む地域ということもあって、世界中のスーパーカーを見ることができる場所となっています。

 そんな中東の中心的都市である、アラブ首長国連邦のドバイで、とんでもないGT-Rが販売されています。いったい、どんなクルマなのでしょうか。

【画像】これは必見! 金ピカGT-Rの凄さをささっと見る!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 当たり前じゃないですか。

  2. これラッピングじゃなくて塗装ですよ!ちゃんと取材しましょうね。

    • 中((T_T))

  3. カッコイイ~

    でも仏さんみたい(笑)
    でもでもホントにカッコイイ!

  4. 内装にもお金をかけて欲しい