MT車は廃止方向なの!? 減少でもマツダ・スズキに多数設定 トヨタは採用増のワケ

減少傾向のMT車ですが、多くの車種に設定し続けるマツダとスズキの想い。そして、近年MT車を増やしているトヨタの狙いとは、なんなのでしょうか。

MT車減少といわれるものの、いまでもMT車を多く設定するワケとは

 新車販売において減少傾向にあるMT車ですが、マツダとスズキでは現在でも比較的多くのMT車をラインナップしています。その背景にはどんな想いがあるのでしょうか。

MT仕様が設定されているコンパクトSUVの「C-HR」。最近のトヨタでは、iMT(インテリジェントMT)と名付けられた機構が採用されている。
MT仕様が設定されているコンパクトSUVの「C-HR」。最近のトヨタでは、iMT(インテリジェントMT)と名付けられた機構が採用されている。

 クルマのトランスミッションには、大きく分けてマニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)があります。

 近年では無段階変速機であるCVTや、ダブルクラッチトランスミッション(DCT)なども増えており、機構的にはそれぞれ異なった特徴がありますが、ドライバー視点でいえば、AT限定免許で運転できるかできないかの2種類しかありません。

 ATのほうが後に開発されたということもあって、MTがクルマの基本だという意見も少なくありませんが、日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によると、日本の乗用車販売(軽自動車と輸入車を除く)におけるトランスミッションの構成比は、2016年の時点で98.4%がAT車となっているなど、AT車がMT車を圧倒しているというのが現状です。

 こうした現状もあり、新車でMT仕様が設定されているモデルは少なくなりました。例えば、スバルでは、2018年のフルモデルチェンジで「フォレスター」からMT仕様がなくなったことで、MT仕様を持つ現行モデルが「BRZ」のみとなりました。

 そのBRZも現行モデルの販売が終了しているため、「サンバー」などのOEM車を除くとスバルが自社開発したMT車を購入できない状態になっています。

 日産やホンダについても、一部スポーツモデルや商用車を除いて、MT仕様を選べるモデルはほとんどありません。

 トヨタでは「ヤリス」や「カローラシリーズ」、「C-HR」にMT仕様を設定していますが、それでもラインナップ全体から見るとごく一部のモデルに限定されているといえます。

 そんななか、マツダとスズキは、乗用車のほとんどにMT仕様を積極的に残しています。例えばマツダの場合、SUVの「CX-3」「CX-30」「CX-5」、セダンやハッチバックの「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」、スポーツカーの「ロードスター」などと、OEM提供を受けるモデルを除くほぼすべてのモデルでMT仕様を設定しています。

 スズキでも、「ジムニー/ジムニーシエラ」、「スイフト/スイフトスポーツ」、「アルト/アルトワークス」、「ワゴンR」など、主力モデルのほとんどでMT仕様を設定。

 MT車を積極的に採用する理由として、マツダもスズキも「お客様のニーズに合わせた」と説明します。

 マツダは「マツダでは『走る歓び』を大切にしています。走りが好きな人の多くに、MT車を好む方の割合が高いことから、そうしたニーズに対応するため、グローバルで展開するモデルには基本的に設定しています」と話します。

 実際に、マツダでは「Be a driver.」をタグライン(企業の想いやメッセージを表したもの)として、ブランドの訴求を図ってきました。

 ロードスターのようなスポーツカーはもちろん、それ以外のモデルでも「走る歓び」を表現する手段として、MT仕様を設定しているのでしょう。

 一方のスズキも、「スイフトスポーツ」のようなスポーツモデルではMTを選択するユーザーの割合が高いようです。

 マツダと異なる点は、スズキの場合、廉価モデルとしてMTを選択するユーザーが一定数いることでしょう。

 あるいは、高齢者などでMTしか運転する機会がなかったユーザーも顧客として抱えていることも、MT仕様を残している理由といえます。

 スズキでは「地方の生活の足」として機能することを最優先としていることから、操る喜びというよりも、「MTでなくてはならない」ユーザーへのニーズを満たすことを企業の責任と捉えているのだと思われます。

【画像】あの車にもMT!? 気になるモデルをささっと見る!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. スバル
    インプレッサWRX-STIに乗ってましたが
    GC-8の5速を
    GD-Bでは同じギア比で6速に
    もしATだったら「WRC」に出てるのにAT⁉️になります

  2. MT車が増える理由と題にはあるが、残念ながら増えている理由を説明できるような箇所はあるようには思えなかった。MTユーザーとしては、今後も可能な限り乗りたいので是非残してもらいたいと思う反面、今後欧州での電動化の波の中で期待できるのかというと…。以前のホンダCR-ZのようなハイブリッドとMTの組み合わせの車を出せたとしても、もって10年(いや5年かな)というところなんだろうな。MTが増えた理由については、スポーツタイプのガソリン車が最後の花道として増えたから、それに合わせて増えた気がするなぁ(トヨタ、ホンダ)。