アキュラの高級3列SUV 新型「MDX」初公開! 史上最強「タイプS」も登場

ホンダが海外で展開する高級ブランドのアキュラは、3列シートSUV「MDX」の新型モデルを公開しました。新型MDXは、どのようなモデルへ進化するのでしょうか。

ラグジュアリーで高性能な3列シートSUV アキュラ新型「MDX」

 ホンダが海外で展開する高級ブランドのアキュラは、新型「MDX」のプロトタイプを初公開しました。

 MDXは米国で人気の高級3列シートSUVで、今回登場するモデルは4代目となります。

 新型MDXの北米での発売は2021年初頭を予定、高性能な「タイプS」の登場は2021年夏頃とされています。

アキュラの高級3列シートSUV「MDX」(次期モデルのプロトタイプ)
アキュラの高級3列シートSUV「MDX」(次期モデルのプロトタイプ)

 アキュラ史上もっともプレミアムな新型MDXは、パフォーマンスに重点を置いて開発。技術的に洗練されたSUVとして、アキュラのラインナップのフラッグシップモデルとしての役割を担います。

 外観は、直立したグリルと長いボンネットが、力強さと存在感を表現。ワイドグリルでダイナミックなデザインに変更されます。

 新型MDXにはアキュラの次世代デザインが盛り込まれており、立体的なダイヤモンドペンタゴングリルをはじめ、4エレメントのジュエルアイLEDヘッドライト、アキュラのレースカー「ARX-05」にインスパイアされたLEDデイタイムランニングライトなどが見て取れます。

 また、テールランプにも、ヘッドランプと同様のデザインモチーフが取り入れられました。

 新型MDXでは、ホイールベースが約3インチ(約7.62センチ)延長され、乗り心地の向上と3列すべての座席がより広くなっているほか、荷室も拡大されて多目的に使用できるようになりました。

 新たなフラッグシップモデルとしての地位を確立する新型MDXは、従来モデルのプレミアム感と洗練されたキャビンデザインを踏襲し、よりすっきりとしたインパネを採用しました。

 インテリアには、メタリックフレークを吹き込んだオープンポアウッドやポリッシュアルミニウム、ソフトな手触りのミラノレザーなど、上質な素材を使用。

 インパネとハンドルには、エレガントなエボニーレザーとライトオーキッドレザーを組み合わせ、フレンチステッチが入れられています。

 シートはスポーティな形状でパーフォレーション加工が施され、曲線的なキルティングやハイコントラストのステッチとパイピングを採用し、彫刻のようなデザインとしました。

 ワイドなボディデザインにより、3列のシートはすべて足元空間を広く確保し、ファーストクラスのようなシートを実現。とくに前席と3列目の乗員のヘッドルームを拡大しています。

 運転席と助手席は16ウェイパワーアジャストメントが備わるとともに、9つのモードを備えたマッサージ機能も搭載されました。

 さらに、アキュラのIconic Drive LEDは、世界の象徴的な道路やサーキットなど、さまざまな場所を代表する27種類の照明をドライビングモードに関連付けて、MDXのキャビンを照らすという演出も楽しめます。

 また、ワイドなパノラミック・ムーンルーフを採用し、3列すべてに自然光を採り入れることが可能になりました。

 アキュラの最先端テクノロジーを多数搭載した新型MDXは、物理的なメーター類の代わりに、12.3インチのドライバーズメーターを採用した「オールデジタル・プレシジョン・コックピット」を採用しています。

 また、直感的に操作できる最新世代の「トゥルー・タッチパッド・インターフェース」が採用されており、アキュラとしては過去最大となる超ワイドな12.3インチフルHDセンターディスプレイや「アブソリュート・ポジショニング」機能を備えたアキュラ独自のタッチパッド、パフォーマンスを向上させるための新CPUなどが搭載されました。

【画像】スポーティでラグジュアリー! アキュラ新型「MDX」がカッコイイ!(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント