懐かしさよりも斬新!? 旧車をオマージュした車3選

2020年9月16日に、日産は新型「フェアレディZ プロトタイプ」を発表しましたが、そのデザインは歴代モデルのエッセンスが散りばめられています。そこで、旧車のデザインをオマージュしたモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

まさに温故知新!? 旧車をモチーフにデザインされたモデルとは

 日産は2020年9月16日に、新型「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開しました。なかでも注目されたのがデザインで、歴代モデルのデザインをモチーフとした箇所が散りばめられています。

旧車の特徴的なデザインを積極的に取り入れたクルマたち
旧車の特徴的なデザインを積極的に取り入れたクルマたち

 こうしたデザインの手法は珍しくなく、「ミニ」やフィアット「500」、ダッジ「チャレンジャー」など、旧型車のデザインを現代風にアレンジしたモデルもあります。

 また、新型フェアレディZ プロトタイプのように、デザインの一部に旧型車をモチーフにしたモデルも存在。そこで、旧車のデザインをオマージュしたモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「N-WGN」

特徴的なフロントフェイスが旧車をイメージさせる「N-WGN」
特徴的なフロントフェイスが旧車をイメージさせる「N-WGN」

 1967年に発売されて大ヒットを記録したホンダの軽自動車「N360」。この「N」のネーミングを踏襲して、2011年にホンダ初代「N-BOX」が発売されました。

 その後、ホンダは「Nシリーズ」を拡充し、第4弾としてセミボンネットスタイルの軽トールワゴン「N-WGN」が2013年に登場しました。

 2019年にモデルチェンジされた2代目N-WGNは、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りと、すべてを向上。

 初代よりさらに進んだ先進安全装備だけでなく、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備えています。

 デザインの特徴としては、フロントからドア、リアゲートに至るまでハリのあるなめらかな面で構成され、暮らしになじむ親しみやすさと安心感を表現。

 また、長方形のグリルと丸形ヘッドライト、ヘッドライト上部にターンシグナルが備えられたフロントフェイスは、1972年に発売され、わずか2年ほどで生産を終えた360cc規格の「ライフステップバン」をイメージさせます。

 ほかにもすべてヒンジドアを採用したボディのシルエットや、縦型のテールランプなども、ライフステップバンを知る人には懐かしさを感じるのではないでしょうか。

ホンダ・N-WGN の中古車をさがす

●スズキ「イグニス」

歴代スズキ車のデザインエッセンスが散りばめられた「イグニス」
歴代スズキ車のデザインエッセンスが散りばめられた「イグニス」

 2016年に発売されたスズキ「イグニス」は、高めのアイポイントが生む見晴らしの良いパッケージング、余裕のロードクリアランスにより雪道や荒れた道でも安心して走ることができる走行性能を備えた、新世代のコンパクトクロスオーバーとしてデビュー。

 パワーユニットは全車1.2リッターのマイルドハイブリッドを搭載し、欧州やアジア圏でも販売されている世界戦略車です。

 デザインの特徴としては、力強さを感じさせるフロントマスクや張り出したフェンダーアーチ、シャープで豊かなショルダーラインなど、ちょっとやんちゃなイメージながら安定感を強調。

 そして、外装の一部には往年の360cc軽スポーツカー「フロンテクーペ」をイメージさせるデザインを採用し、具体的はリアウインドウの形状と、Cピラーのアクセントが、フロンテクーペの意匠がモチーフです。

 ほかにも随所に歴代モデルからインスパイアされたデザインを採用するなど、スズキデザインのDANを継承しているといいます。

スズキ・イグニス の中古車をさがす

【画像】旧車のエッセンスが斬新! 新旧モデルのデザインを見てみる(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント